2015.11.14

かぶりつきで聴く ヴェルディ・レクイエムはド迫力!!

秋の夜長のローマ、昨夜はパルコディムージカ・アウディトリウムのサンタチェリアホールで
ヴェルディ・レクイエムを観賞しました

ヴェルディのレクイエムはモーツァルト、フォーレの作品とともに「三大レクイエム」の一つ
「最も華麗なレクイエム」と称賛されています。
イタリアの文豪アレッサンドロ・マンゾーニを追悼する目的で作曲
教会のミサ曲に相応しくなく「あまりにイタリア・オペラ的」「ドラマ性が強すぎる」
「劇場的であり教会に相応しくない」とする評価が当時からありました。
ヴェルディ夫人は下記の書簡を残しています。
「ヴェルディのような人はヴェルディのように書くべきなのです。
つまり、彼がどう詩句を感じ、解釈したのかに従って書くということです。
仮に宗教にはその始まり、発展そして変化というものが時代と場所に応じてあるのだ、
ということを認めるならば、宗教的精神とその表現方法も、
時代と作者の個性に応じて変化しなければならないでしょう。
私自身はヴェルディのレクイエムがA氏の、B氏のあるいはC氏の
影響を受けなければならないのだとしたら、そんなものは懲り懲りです。」
ヴェルディはこのレクイエムの前にロッシーニのレクイエムを計画していましたが
周囲の協力が得られず頓挫しました。
集大成としてこのレクイエムが後世に残ったことは財産です。


PB100149_convert_20151111133113.jpg
前から2列目の中央席から鑑賞しました。
歌手の咽の奥まで見える距離、指揮者が撥ねる度に埃が舞ってました。
「音」が生(なんの媒介もしないで)耳に入る
ド迫力です。 居眠りをする余裕もありません。
あまりにも近すぎて全体の写真が撮れませんでした。



PB100150_convert_20151111133003.jpg
休憩を入れず、約1時間半の迫力ある演奏
超満員でした。
演奏が終わり、高揚感に浸りながら家路へと



PB100145_convert_20151111132854.jpg
演奏者たちも満足げ 
機会がありましたらヴェルディのレクイエム 鑑賞お薦めです
DVDで室内ではなくコンサートホールでお楽しみください。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する