2015.11.25

ウンブリアの小さい素敵な町スペッロ

イタリアの街は人口の多い大きな町より、
観光名所が溢れている都市より
30分あれば廻れてしまう様な小さい村
ほとんど知られていないポツンと残された教会がある
そんなマニュアックな村を訪れるのがお薦め
もっともナチュラルなイタリアを感じることができます。


PB120375_convert_20151124121603.jpg

ローマとアッシジの中間にあるスペッロに行きました
ウンブリア州の山岳山上都市の人口8600人の自治都市。



PB120388_convert_20151124122332.jpg

スペッロの駅を出ると山岳山上都市スペッロの城塞が
眼前に現れます。
最近、町全体を修復したのでしょうか?
とってもきれいな街並みです。



PB120376_convert_20151124122145.jpg

スペッロ訪問の目的はサンタ・マリア・マッジョーレ教会のフレスコ画見学です
システィーナ礼拝堂のフレスコ画装飾師として腕を磨いたピントゥリッキオの
最高傑作のフレスコ画が残っています。


PB120380_convert_20151124121815.jpg

お目当の礼拝堂は暗くて分からず、どこにあるのか探しましたが
管理人に拝観料を払うと礼拝堂の灯りをつけてくれました。




PB120387_convert_20151124122001.jpg

他の教会のフレスコ画と比べとても保存状態がよく圧巻の絵巻です
1501年作、凡そ500年前の作品と感じない色鮮やかさで,装飾性,遠近法
細部描写の建物と風景、
これほど見事で華麗な礼拝堂は他で見ることはできません。
バリオーニ礼拝堂の3壁に受胎告知」,「幼子キリスト礼拝」,「寺院での議論」を
描いてます。



PB120386_convert_20151124123313.jpg

「受胎告知」
大天使ガブリエルの左手には、 ユリの花が捧げられ、
マリアはバイブルの上に右手を置いています。
ルネサンス様式の館、床や柱、天井は色大理石の象嵌細工の室内を描いてます
外の風景は500年前のスペッロですが、現代と余り変わっていません。
右隅には、ピントゥリッキオの自画像を残してます。

アッシジ&スペッロの見学ツァーがお薦めです。
魅力あふれるイタリアの小さな田舎町 
ローマナビネットがご案内します。



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する