2016.02.21

フェエラガモのワイナリー訪問

フィレンツェからフェラガモのワイナリーIL Borroへ訪問しました。
フィレンツェから車で約80分ほど。
葡萄畑の総面積は40ha。 メルロ、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、サンジョヴェーゼ、
プティ・ヴェルドの5種類の葡萄を栽培しています。
イル・ボッロの畑は1haあたり葡萄樹4500本、樹1本から葡萄1kg
葡萄の樹1本あたりから生産されるワインはわずか1本にしかなりません。



P1111745_convert_20160221080238.jpg

フェラガモ家が所有する中世の面影を残す村、それがフェラガモ村です。
フェルッチオ・フェラガモ氏(現社長)の双子の息子で、創始者である祖父と
同じ名前をもつサルヴァトーレ・フェラガモ氏が、このイル・ボッロ社の社長をつとめています。




P1111743_convert_20160221080207.jpg
ボッロ村の広大な敷地(740ha)の中に、フェラガモ家が住んでいた別荘
アグリツーリズモやレストラン、教会、お土産屋、手作りの靴屋、ジュエリーショップ、
ステンドグラスショップなどがあります。




P1111755_convert_20160221080304.jpg

手摘みで摘み取った葡萄は厳しい選別が施され、除梗後圧搾。
発酵の初日は、凝縮感を増すため10-20%のジュースを抜き取ります。
アルコール発酵10日間、28度のマセレーション22日間、アリエ産新樽での
マロラクティック発酵をします。
発酵が終わった後、フランス産オーク樽バリックで18ヶ月間熟成させます
軽くフィルターをかけて瓶詰め後6ヶ月瓶で熟してワインを落ち着かせ、出荷します。
徹底的な品質至上主義から生まれる味わいはクオリティの高いワインです。
イル・ボッロの2004年ヴィンテージはワインスペクテーターで92点を獲得。
フェラガモが世界に誇るハイクオリティなモノ造りのスピリッツは、
ワイン造りにもそのまま継承されているのです。



P1111763_convert_20160221080453.jpg
スプマンテ(発砲ワイン)も作っています。




P1111756_convert_20160221080337.jpg
5種類のワインをティスティング、飲み比べるとワインの優れた美味しさに
驚きます。 ワイナリーの試飲が一番楽しいですね。

イタリア各地のワイナリーへご案内します。
ローマ発:ワイナリーでコースランチが人気です。
ローマナビネットまでお問い合わせください。



この記事へのトラックバックURL
http://romenavi.blog47.fc2.com/tb.php/2472-fcfbd89b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する