2016.02.26

日本で聴いた講演会

今回の日本滞在はジロー(愛猫)が環境に慣れるまでとゆっくり滞在でした。
滞在の合間に講演会にでかけて海外からでは聴くことができない
ナマの声を聴きました、百聞は一見、直接目の前での拝聴は
熱気ムンムンでインパクトがあります。
一つの目的で多くの方が共鳴するって勇気が湧きます。
3名の講演会の模様をご紹介。 ↓




P2242186_convert_20160226165853.jpg
東京・上野の東京都美術館で行われたトークショー
『石坂浩二と楽しむボッティチェリ展』です。
約50分の時間でボッティチエッリの代表作から
講演内容は こちら から動画を見ることができます



01.jpg
「美しきシモネッタの肖像」 1480~85年ごろ 丸紅株式会社蔵

展覧会の目玉です。丸紅所蔵のため一般の方は観ることはできません。
日本で唯一所蔵しているボッティチエッリの作品です。
絶世の美女と称賛されたシモネッタ(下ネタではありません)
ブロマイド変わりに何枚も彼女の肖像画は描かれました
この肖像画が一番美しいです。
石坂さんは右向きに特徴があるとのことです。
石坂さんは美術館で多くの名画を鑑賞することは素晴らしいけど
自分の好きな絵を一枚だけ観る贅沢も必要ですねとのことでした。




P2202183_convert_20160226170125.jpg
京都大学での講演
左:元朝日新聞記者=吉竹幸則 /右:元TBS報道記者&宇宙飛行士=秋山豊寛
「表現の自由」と「マスメディアの弾圧」がテーマでした。
秋山さんの話はたいへん分かりやすく、迫力と情熱を感じました。
「怯んではいけない、萎縮してはいけない」と熱弁をふるってました。


P2132159_convert_20160226170239.jpg
同志社大学今出川キャンパス明徳館にて
「憲法と民主主義を考える」石川健二
=東京大学大学院法学政治学研究科・法学部教授
「現代憲法学の鬼才」とも評される凄い方です。
日本国憲法の歴史と憲法を支え護った歴代の
大学教授たちのお話、憲法の大切さを学びました。

イタリアに長ぁ~く暮らしていると浦島太郎状態で
思考停止、能天気になりがちなので、
日本で各分野で活躍している一流の方達の
お話を拝聴するのはとっても刺激的で脳内活性化に
効果的です。 頑張らなくちゃね!まだまだ。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する