2016.03.22

世界遺産大聖堂が聳えるティレニア海のチエファルの町

パレルモから車で約1時間(夏の混雑期は2~3時間)
背後に岩山が迫り目の前にはティレニア海が広がる
古代ギリシャ人の植民都市に起源の歴史のある町
映画 ニューシネマパラダイスの舞台であり
大聖堂は世界遺産に登録された小さい町でありながら
シチリア旅行で欠かせないお薦めの町




P3200427_convert_20160322103933.jpg
道路沿いの見晴台からティレニア海の小さな町チェファルを撮る
「美しい」の一言。






P3200479_convert_20160322104047.jpg
夏期(6月~9月)や祝日はたいへんな混雑ですが秋から春の始めは
閑散として散歩日和です。





P3200539_convert_20160322104713.jpg
この風景は映画ニューシネマパラダイス」に出てきました。
時代から取り残されれた海沿い寒村として。




P3200535_convert_20160322104435.jpg
ノンビリ海を眺めながらフレッシュな魚のグリルと地ワインでランチ
旅をしていて一番、楽しい時ですね。
料理が美味しいと町の印象はいつまでも
楽しい思い出として残ります。




P3200527_convert_20160322104556.jpg
大聖堂前広場 
チェファルの大聖堂は世界遺産イタリア51番目に登録されました。





P3200513_convert_20160322104320.jpg
1131年に建設を開始、ノルマン時代の最も壮大なモニュメントのひとつ
13世紀制作のファサード、キリスト」をはじめとしたビザンチン時代のモザイク装飾、
内陣のバロック様式の装飾、A・ガジーニによるフレスコ画「聖母子像」必見です。



ローマナビネットは、パレルモ発チェファルドライブをご案内しています。


この記事へのトラックバックURL
http://romenavi.blog47.fc2.com/tb.php/2487-7feacee4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する