2016.04.02

シチリアの幻の高級エキストラバージンオリーブオイル空港で没収の憂き目に遭う(号泣)

パレルモ市内から車でシチリアの荒野を2時間ドライブ
幻の高級エキストラバージンオリーブオイルを作る
スペシャルな生産農家を訪問。
濃厚で気品ある香り、マイルドな味、輝きのグリーン
在庫は僅か、こんな機会は逃すまいと半ダース即、購入
まさか空港で没収されるとは.......どうしてぇ?



P3190383_convert_20160402114609.jpg

青梅の様な大粒のオリーブの実、トスカーナ産はこの半分くらい
傷がつかない様に、すべて手積み、下に落とさないで胸に籠をつけ
胸元の藤籠に入れ、大切に取扱います。
元々、食用(塩漬けなど)のオリーブを贅沢にもオリーブオイルにしました。




P3190366_convert_20160402114456.jpg
春先はオリーブの木を剪定し上に枝が延びない様に刈り込みます
オーナーが案内してくれて詳しく説明してくれました
上の黒いホースは水を定期的に撒きます
シチリアは夏期はほとんど雨は降りません。
芳醇なオリーブにするために水を与えます。

気品ある香り、エレガントでマイルドな味、
既に在庫は僅かしか残ってないとのこと、半ダース箱買いしました。
液体ものは、機内持ち込みできないから普通は購入しません
受託荷物で預ければいいかなって
Ⅰ本づつしっかり、プチプチで包み、段ボール箱に入れ
専用のボストンバックまで買って用意万端。


P3210693_convert_20160402114750.jpg
しかし............オリーブオイルは飛行機に乗ることはありませんでした。
チェックインカウンターで、オリーブオイルやワインは受託荷物でも
載せることはできないとのこと。
え~~っ! 悲しすぎる、そんなぁ~と喚きましたが
ダメなものはダメ! と涙声も通じない無慈悲なアリタリア職員
スーツケースにこっそり入れたらよかったのでしょうが...
パレルモ空港内には日本の様に宅急便取扱いはありません。
しょうがないから、スッパッと諦めて
空港内で一番美しい空港スタッフの女性に
「君に幻の最高級のオリーブオイルをプレゼント」と
気前よくあげてしまいました。

飛行機に乗ったら、頭上の荷物入れから液体がポトポト
垂れてきました。
え~っ、機内は液体持ち込み厳禁じゃないの~
誰だ持ち込みしたのは~!
皆さんシランプリでした。
誰かが持ち込みした子犬はキャンキャン泣くし、
も~っアリタリアって。



P3210714_convert_20160402114907.jpg
ローマに無事到着して機体を見て驚き仰天!
アリタリア航空に乗ったつもりだったのに、ローコストエアーラインのAirOneじゃん
なにこれっ!
私は230ユーロも払ってノーマルチケットでアリタリアを予約したんですけど!

ローマナビネットはパレルモ郊外オリーブ摘みプランをご用意してお待ちしています。

.

この記事へのトラックバックURL
http://romenavi.blog47.fc2.com/tb.php/2492-7f8a6383
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する