2016.04.10

パレルモ......ワイルドでディンジャーなディープな街


シチリアは10回も訪れているお気に入りの島です。
だけどパレルモに5度ほど訪れていますが宿泊したことはなく
トンボ返りの日帰りでゆっくり滞在したことはありませんでした。
なんとなく恐そうで落ち着かない、君子危うきに近づかないポリシーなので。
パレルモ在住の友人夫婦のサポートでディープなパレルモをじっくり見学してきました
少しづつブログでじっくり、細かくご紹介します。お楽しみにしてください。
今回はさわりだけご紹介。



P3200606_convert_20160410082515.jpg

海のある町を訪れると必ず夕暮れ時の海岸や港を撮ります
パレルモの港も素敵でした。




P3200617_convert_20160410082623.jpg

こういう看板はイタリアの街では、ほとんどみかけません
厳しい環境保護規制ででネオン電飾の看板は禁止
日本で当たり前の風景もイタリアでは珍しい。



P3200618_convert_20160410082731.jpg
ピザの最短デリバリィー、2階のお婆さんが階下のピザ屋に
宅配を依頼してました、熱々のピザが食べれる距離




P3200530_convert_20160410082058.jpg

何が何だかわからない様な喧騒がパレルモの醍醐味



P3200549_convert_20160410082218.jpg

パレルモ郊外の陶器の町にて
左の下絵を高温で焼くと右の様に色鮮やかに変化します。
歌舞伎の隈取りみたいです


深い歴史、多くの国々と交流、長く滞在すればするほど興味深い発見のある町
だけど、そこから奥に入ったらアブナイとか、迷ったら出てこれない
地元のイタリア人でさえ近づかない区域が多くあります。
マフィアの影響化のとっても強いパレルモ、
よそ者を受け入れないからこそ、伝統が護られ、
他のシチリアとは少し変わった街並みが多く残っています。


ローマナビネットは現地在住の日本人がご案内する
ちょっとディープな街歩き、郊外ドライブをアレンジいたします。
この街は一人歩きはディンジャーかも。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する