2016.04.15

パレルモのB&Bの部屋の天井画はラグーザ玉が描いた?

南フランスでは屋根裏から推定150億円のカラバッジョの絵がみつかり
話題になてっています。私が滞在したシチリア・パレルモのB&Bの部屋の天井画にビックリ!
何と日本の花鳥風月が描かれているのです、明治時代に活躍したラグーサお玉の作品か?


P3190141_convert_20160414151415.jpg
疲れて部屋のベッドに横になったら、なんとガーンと大きな天井画が迫ってきました。驚き!
B&Bの家主に確認したら1800年代に描かれた作品とのこと
日本最初の女流洋画家のラグーザ玉はシチリア・パレルモで1882年から1933年まで滞在
パレルモ美術学校の教授もしています。(旧姓:清原多代)
残念ながらラグーザ玉の作品ではないらししいですが
1800年代に描かれたフレスコ画、弟子が描いたのでしょう?。



P3190142_convert_20160414151530.jpg
部分の絵をズームで撮ってみました。
掛け軸、扇子、団扇などから模写したのでしょうか?
元になった絵はラグーザ玉の作品みたいな作風です。





P3190144_convert_20160414151811.jpg
着物を描ききれなかったのか?敢えて洋風に描いたのか?
ロングドレス風になってます。





P3190143_convert_20160414151652.jpg
屏風や扁額など、きっと身近にあったのでしょうね
漢字まで模写できなかったようで適当に誤魔化してます。
明治時代の頃、シチリアのパレルモでこんな日本の絵を
天井に描いていたなんて、驚き
寝ながら眺めている自分にも驚きです。





P3190145_convert_20160414152242.jpg
B&Bの外観はこんな感じでとっても古い建物
外見から判断できない、とんでもないお宝の中での生活がフツウなのかな?。

ローマナビネットはパレルモの素敵なB&Bのご紹介やパレルモ街歩きもご紹介してます。

ローマの貴族の館にカラバッジョが描いた天井画があります。
15名集まらないと見学出来ないので、まだ見学できていません。
人数が集まったら呼んでよねぇ~とお願しているのですが.....待ち遠しい....

.



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する