2016.04.29

死の町から天空の町へチヴィタ・ディ・バーニョレージョ

チヴィタ・ディ・バーニョレージョ(Civita di Bagnoregio)は、イタリアの一大観光名所になり
昨日は大型観光バスが11台(午前10時台に)も停っていました。
土日、祝祭日には訪問者が1万人を超えるそうです。住人は10人ほどの小さな村に
  


P4282515_convert_20160429013211.jpg
団体の大半は中国人ツァーです。「イタリアの万里の長城」としてツァーの目玉だそうです
日本では映画「ホタルノヒカリ」で有名になりました。






P4282518_convert_20160429013321.jpg
イタリア国内ではCMに使われているそうです(自宅にテレビが無いので確認してませんが)
イタリア国内の遠足先としても子供たちに人気です。





P4282510_convert_20160429012933.jpg
「死の町」との看板があります。強風で地盤が削られ年々町は小さくなり
いつかは消えてしまうかも?と。
町は入村料金を一人1.5ユーロ回収し、町の地盤強化、インフラ、トイレ整備に活用してます。
私がチヴィタの見学ツァーを始めた16年前は見学者はゼロに近く誰もいませんでした。
「死の町」では売れないだろうと考え「天空の町」をコピーにしてお薦めしました。
映画「天空の城ラピュタ」に直接は関係無いみたいですが、イメージとして近く
日本で知られる様になりました。






P4282512_convert_20160429013053.jpg
展望台の土産屋では、絵付けした陶器販売の店などもできて繁盛している様子





P4282526_convert_20160429013544.jpg
オルヴィエート駅からバニョレッジョ行きのバス時刻表にはなんと
韓国語、中国語、日本語のアジア三カ国語表示です。
確かに外国人観光客はこの三カ国だけかも
ドイツ人は少し見かけるくらいです。


ローマ発;半日天空の町&オルヴィエートは人気コースです。
お問い合わせは ローマナビネット へ。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する