2016.09.17

圧巻! 「死せるキリストへの哀悼」テラコッタ彫刻群

ボローニャの街中の小さな教会サンタ・マリア・デッラ・ヴィータ教会の
テラコッタ彫刻群「死せるキリストへの哀悼」はお勧め
ニッコロデッラルカ作(1460年)キリストの死を悲しむ人々をリアルに表現してます
キリストの生涯第21場面「死せるキリストへの哀悼」の宗教画はジョット、ボッティチェリ、など
有名な画家たち多くの作品が残っています。
立体感のある描写、悲痛な表情の感情表現
迫真的なシーンの構成、必見の彫刻群です。

P3050184.jpg
右のマグダラのマリア=遠くから疾駆してきたのでしょう。
長衣をなびかすことで、突然の訃報に驚き、悲しみ、絶望を表現してます。





P3050180.jpg
左の女性は(クロパの妻マリア)=慟哭の表情で、キリストの死を受け入れられない
両手で拒絶しています。






P3050181.jpg
右は女性は聖母マリア=両手の指を強くにぎしめほとばしる感情を抑えているのでしょう
最大の悲しみが伝わり、声まで聞こえてくるようです。
左の女性はサロメマリアです。






P3050182.jpg
こちらの作品は6人の彫刻群です。ヨセフ(中央)
左淵に写真に入っていませんが、ジュセッペ ディ アリマテア
キリストの十字架降下のくぎ抜きをベルトに携えてます。





angeli20.jpg
比較のご参考に、フラ・アンジェリコ (1436年作)の「死せるキリストへの哀悼」の作品
こちらは15名もの人々が登場しています。
同じ悲しみでも、心もふさいでしまうような激しさは抑えています。
フラ・アンジェリコの慈悲、優しさ、人柄が現れてます。


イタリア.... ガイドブックに載っていない見所が溢れています
ローマナビネットがご案内します。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する