2016.10.17

石造りの中世の街並みに癒されます

多くのイタリア人は数百年前に造られた石造りの住宅に今でも快適に生活しています。
都会や外国で暮らしていたイタリア人も定年を迎えると故郷へと戻ります。
数百年経ても変わらない風景、街並み、大切に景観保護をしてます。
自分の生まれ故郷の田舎を大切にします。アイデンティティを護ります。
私はイタリアの田舎を訪れ何百年前に建造された堅牢な石造りの家々の間を歩きながら
郷愁と憧憬を強く感じます。 もしかしたら私は数百年前にここで暮らしていたのかも...って。




RIMG4130.jpg
石造りの住居が数百年も続けられるのは、イタリアは相続税が日本ほど高くないので
先祖代々、受け継ぐことができます。
景観保護条例で、屋根の瓦、壁の色、当時の状態を変えることは禁止。
増改築、屋上にパラボラアンテナを建てるのも禁止
コムーネ(基礎自治体)は村民の結束が強くよそものは拒みます。







RIMG4143.jpg
モンタルチィーノの街並み
土地が空いているからといって、建物を造ることは厳しく制限されてます







RIMG4117.jpg
外人が入り込むことは難しいですが、友達や知り合いがいると
受け入れてくれます。アグリツーリズモや民宿などを営むところもあり
ちょっとだけ暮らしてみることもできます。







RIMG4155.jpg
モンタルチィーノの城塞
中世の町の状態が保たれているから、建物が林立することなく
適度な空間にホットします。
上を見上げなくても、目の前に空が拡がる解放感!素敵です。

トスカーナ・モンタルチィーノのワイナリードライブ
ローマ発日帰りプラン好評です。
ローマナビネットまでお問い合わせください。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する