2016.10.29

サマータイムの終わり、冬の始まり

ヨーロッパのサマータイムは10月30日夜明け3時で終わり
3月26日にサマータイムが始まるまで日本との時差は8時間になります。
サマータイムを終えると観光客のデメリットは日照時間が短くなり
観光時間が少なくなること。18時頃は真っ暗になります。
暗くなるとアブナイからホテルに早々に戻らなくては....って。




RIMG3910.jpg
毎年のことですが、時計の時間を変えなくてはなりませんし
滞在中のお客様にもお伝えしなくては、時間を間違えて乗り遅れない様に...





RIMG3906.jpg
日照時間が短くなると洗濯ものの乾きにも影響して
室内で乾燥させる機会が増えてきます。





RIMG0567.jpg
観光客にとってのメリットは早い時間からイルミネーション散策できることです
夏は21時でも暗くならないけど、冬は18時には暗いから、
イルミネーション散策→ディナーとスムーズにご案内できます。
コンサート、オペラ鑑賞もお薦め!

ローマナビネットはイルミネーション散策もご案内してます。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する