2016.11.25

オルヴィエート近郊のワイナリーがお薦め

イタリアのワインは北から南まで幅広く生産されています。
ワイン用の葡萄種は100を超え土地に適したワインを作っています。
有名なワインの産地もありますが、外国資本が入り海外で好まれるワインに
なりつつあるのが少し残念です。
ローマとフィレンツェの中央あたりにあるオルヴィエート近郊では
太古の時代は海だった土地や、火山灰や溶岩で埋まった栄養ある土地
比較的温暖な天候に恵まれクオリティの高いワインが生まれています。
有名な産地ではないから、リーズナブルな価格で美味しいワインが手に入ります。
ローマから急行で70分ほど、お酒は苦手でも自然景観を眺めるだけでもお勧めです。




PB120487_convert_20151113023323_201610261057151d4.jpg
紅葉の始まった葡萄畑
葡萄品種により紅葉する葉があるそうです。







P4191969_convert_20150420163033_2016102610571630b.jpg
ローマからフィレンツェに移動する電車から左の車窓から
葡萄畑の丘が出現します。禿山を葡萄畑として開墾しました。







DSCF1128_convert_20130922223253_2016102610571932a.jpg
こちらでは100年ほど前の葡萄品種を蘇らしてイタリア伝統のワイン造りをしてます。
土の匂いがするほどミネラルが強いワインです。






RIMG0541_convert_20130708020453_20161026105718a56.jpg
オルビエート大聖堂の近くに点在する葡萄畑
この周辺は火山灰が積もった土地で白ワイン用の葡萄を作っています。

ローマ発:日帰りワイナリープラン人気です。ローマナビネットがご案内します。




この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する