2017.05.22

ローマでオペラを楽しむコツ

3年くらい前まではローマオペラ座のオペラチケットは販売開始初日に完売
でしたが、最近は演目によっては寸前でも入手できるようになりました。
イタリア人に経済的余裕がなくなってきたのでしょうか?。
ヨーロッパ旅行中、お時間があれば音楽鑑賞お薦めです。



IMG_0225.jpg
私が鑑賞したのはIL Trovatore(ジュゼッペ・ヴェルディ1853年作)
スペインが舞台の原作の中世騎士物語をベースにした恋愛が絡む
スペクタクルなオペラで楽しいオペラです。
事前に演目オペラのストーリー、概略を読んでおくと
退屈しないで鑑賞できます。
単純なストーリーでも魂を揺さぶる音楽は心地よい
感動が湧いてきます。




IMG_0202.jpg
オペラ鑑賞で、どの席を選ぶか?席によっては楽しみ半減してしまいます
プラテア席(平間)はローマオペラ座は斜面がほとんどないため
前席に座高が高く、恰幅がよく、禿頭の紳士に座られると、大きな壁になり
ほとんど見ることはできません。
ボックス席(個室)が良いのですが、個室は6名が定員です。
同じ部屋に騒がしいお子さんや、知識を自慢したがる方や
どんな方と相部屋になるか分からないので恐怖です
今回は2階の左サイドのボックス席の前列に席をとりました。
相部屋の方たちはドイツからのお客様か大人しくて安心できました
ボックス席(個室)を利用する場合は匂いのキツイ香水は避けましょう







IMG_0224.jpg
歌唱力のとてもあるソプラノ歌手で盛大な拍手を受けてました。

オペラ鑑賞のドレスコードについて尋ねられることがありますが
・旅行中であっても、旅行着、カジュアルな服装は避ける
 ダーク色のスーツ、ジャケットなどオシャレ着を。
・足元を見て判断されますので、汚れた靴やスポーツシューズは避けましょう
オペラは3時間半前後と長く、途中20分から30分の休憩が2回入ります
外出券の半券をもらってオペラ座の外のバールで一杯も可能ですが
外出する時は開始時間を確認し遅れない様に。
オペラが終わる時間は23時を過ぎることもあります
タクシーはオペラ開演前に待合室ロビーでタクシーを予約ができます。




IMG_0190.jpg

ローマナビネットはオペラ鑑賞や、ガイドブックに載っていない
ローマの楽しいスポットをご案内します。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する