2017.08.11

酷暑のイタリア・ワインやオリーブオイルの出来は?

今年のイタリアはローマで40度を越える猛暑、雨は一滴も振らない。
ワインやオリーブオイルの出来はどうなんでしょう?


ワイナリー
トスカーナ・モンタルチィーノのワイナリー
1ヶ月早く、すでに葡萄の収穫を終えています。
熟し過ぎて破棄する葡萄も多く、収穫量は少ないそうです。
赤ワインにほどよいタンニンを出すには昼間は暑くても
朝晩は涼しく畑を冷やす風が吹くことが必要になりますが
夜間でも気温が下がらず30度もあると、タンニンの少ない
酸味があまりない、ぼやけたワインになってしまいます。
こういう年は白ワインやデザートワインがオススメです。

葡萄は雨が少ないと地下に深く根を張りミネラルをより多く
吸収し、太陽が燦燦だと糖分があがりアルコール度数が強い
劣化しにくいパワフルなワインを作ることができます。
但し、雨がまったく降らないと葡萄の葉は枯れ落ち
葡萄を太陽光線から守る日除けにならないので
熟成したらすぐに摘まないとダメになってしまいます。



」オリーブ
昨年の旧アッピア街道沿いのオリーブの収穫
オリーブは数年、病気や虫の影響で不作が続いてましたが
今年のオリーブオイルは最高の出来とのことです。
・猛暑でオリーブの樹につく虫が全滅したこと
・炎天下でオリーブの実がしっかり熟したこと
・渇水だから水を求めて地下に深く根を下ろしたことで
ミネラルを十分に吸収できたこと
今年はまろやかで風味豊かな美味しいオリーブオイルに
期待ができます。



P5220366.jpg
農作物は渇水で成長が止まり、枯れてしまってほぼ全滅だそうです。
乾燥しすぎて自然発火により山火事が増えてます。

ローマナビネットはトスカーナやオルヴィエート、ローマ近郊の
ワイナリー見学、オリーブオイル工房見学などご案内します。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する