2014.11.19

高倉健とローマ (更新)

ローマ・ヴェネト通りの近くにジャスミンというチャイニーズレストランがありました。
店内にはオーナーと高倉健が並んでいる二人の写真がかかっていました。
しかも高倉健のサイン入りで、「どうしたの?」って尋ねたら
ローマに来た時には必ず寄ってくれる。
一緒に写真を撮ってくれて、次に来た時にはサインをした写真を額に入れて
持ってきてくれたんだと自慢話をしていました。

PB191894_convert_20141120051749.jpg
このイラストは福山小夜作ですが、上記のチャイニーズレストランのオーナーから
いただきました。オーナーが高倉健から直接いただいたそうです。
もしかしたら高倉健さんの指紋がついているかも。

私は高倉健が好きで網走番外地などの任侠映画から最後の作品「あなたへ」まで
大半の作品は見ています。敬愛する俳優です。
寡黙だけど、とっても温かい、不条理と闘う静かな熱情が好きでした。

高倉健

下記、日経新聞に掲載された高倉健の記事の抜粋です。

絶対に負けない
(3.11の震災に直面し)
それまで信じていたものが足元から崩れ、暗闇に突き落とされたような想い。
終戦の時に似た絶望と寂寥が、私の胸をおおっていたのです。
 2010年の秋にオファーを受けた「あなたへ」の出演。
すでに具体的な動きが、始まっていました。しかし、俳優に何ができるというのだろう?
 自分の中に生まれた問いかけが、暗雲のように体中に広がっていきました。
....そんな弱りかけた気持ちに、ビシッとムチを入れてくれたものがあります。
それは、雑誌に掲載されていた一枚の写真でした。
イタリアにお住まいの作家の塩野七生さんが、現地の週刊誌に
載っていたと紹介している写真でした。

少年の写真


気仙沼の被災地のがれきの中を歩く少年の写真を「あなたへ」の台本裏表紙に貼りつけた 
気仙沼の被災地のがれきの中を歩く少年は、避難所で支給されたものでしょうか?
袖丈の余るジャンパーにピンク色の長靴をはいています。両手には一本ずつ、
焼酎の大型プラスチックボトルを握っています。彼は、給水所で水をもらった帰りなのです。
その水を待っているのは幼い妹でしょうか?
 年老いた祖父母なのでしょうか?
 私の目をくぎ付けにしたのは、うつむき加減の少年のキリリと結ばれた口元でした。
左足を一歩踏み出した少年は、全身で私に訴えかけてきます。

 「負けない。絶対に負けない…」

 私は、その少年の写真をB5版のサイズにしてもらいました。映画の台本の大きさです。
「あなたへ」の台本の裏表紙にその写真を貼りつけた時、胸の奥からほとばしった熱情。
クランクインは、数日後に迫っていました。
(撮影中、毎日、この写真を見てたそうです)

(11月20日付)東京新聞社説より~抜粋

銀幕で見る高倉健さんは、いつも寡黙で不器用で、でも愚直に筋を通し
心の奥底に優しさを秘めていた。わたしたちは、
時に見失いそうになる日本人らしさを銀幕の健さんに見ていたのだろう。

わたしたちは、ともすれば時代の流れの中で見失いがちな日本人らしい倫理観、
美徳を思い出すため、銀幕の健さんに夢中になったのかもしれない。
為政者が日本の美徳、道徳を持ち出すと、時に、うさんくささや危うさが付きまとうが、
健さんに見る日本人らしさには、皆が率直に共鳴できたのである。
世の中がギスギスしているときには、健さんの真っすぐさを、
また、思い出そうではないか。日本人らしさを見失ったら、
健さんの背中が泣くにちがいない。

本日22/Novの毎日新聞より
中国の著名な男性俳優、孫淳(そん・じゅん)さんと
男性作家の王斌(おう・ひん)さんの連名による花束が贈られ
「死去の報を聞き、涙が流れます。私たちの世代は、あなたの影響を受けて成長しました。
出演していた映画は私たちの人生の一部分です。またいつか天国でお会いできると思います
その時まで、私たちはあなたの高貴な精神の追随者です」と
書かれたメッセージも添えられていた。

多少ともローマと縁があってよかったです。
Posted at 02:28 | 未分類 | COM(0) |
2014.08.07

イタリア人に思わず訊いてみた

ウロウロと移動していると?な光景を目にします
思わず、訊ねてみたくなります。

P7242100_convert_20140801235001.jpg
「いくつ?」 「名前は?」と前に座っていたお母さんに訊いてみました?
お母さんは不審な日本人に「 ?? 」... と。
「いやお嬢さんではありません。「ケージに入っている猫です」.. と。
私のジロー(愛猫)と同じ種類で思わず親近感で尋ねてみました ...と
娘さんの遊び相手だそうで、猫の名前は「レディ・ギャギャ」、年は3歳だそうで。

P8062177_convert_20140807134310.jpg
テルミニ駅の待ち合わせ場所に、カップルが大きなヌイグルミを抱えて入ってきました
荷物も沢山あるし、こんなヌイグルミを抱えての旅はたいへんだろうと
訊ねてみました。「この2つのヌイグルミは旅のお供なの? 抱えて寝るため?」...と
そうではなくて「遊園地のアトラクションに参加していただいた記念品」なんですって.....。
ふ~~~ん、それにしてもこんな大きなヌイグルミと旅をするのはたいへんだ。
無事に家まで連れていけるかな。

Posted at 05:57 | 未分類 | COM(0) |
2014.07.25

ローマの落書きは凄い

イタリアで一番、ラクガキが汚いのは首都ローマです。
もっとも訪問する観光客が多く潤っている町なのに
なぜ、ラクガキを放置しているのか? 消さないのか? 疑問です
とてもアナキー(無秩序)で、町が荒んでしまいます
なぜ自分たちが暮らす街を愛さないのか? 育まないのかな?

P7242102_convert_20140725071943.jpg
国際空港レオナルドダビンチに向う電車です

P7242101_convert_20140725072658.jpg
上の落書きを中から見ると.....ステンドガラスではありません
イタリア人は無関心で日常的光景の様に乗ってます。
外は全く見えない、日本なら運行停止でしょうね。

P7212024_convert_20140725072458.jpg
車窓より
ビル全体が落書きで覆われています。
これだけの執念、手間暇、塗料代があるなら
もっと有効に使えばいいのに.............
中世だったら教会のフレスコ画職人になれたかも。
不条理が蔓延すると、こんな形で吐き出すのでしょうか?
イタリア人たちの行き場の無い呻きみたいなやるせなさを感じます
落書きを描いた人も、落書きを見ている人たちも共有しているのだろうと思います

Posted at 00:03 | 未分類 | COM(0) |
2014.07.06

ヴェネチア広場前でデモとウエディングに遭遇

テルミニ駅から自宅に帰る時、ベネチア広場を通ります。
先日は、機動隊がワッと道路を塞ぎなにかと思ったらデモでした
後、5分遅かったらバスは止められていたことでしょう。

P6281692_convert_20140706224140.jpg
ノンビリそうなデモに見えますが、キナ臭い発煙筒を焚いてました。
デモに過激派が紛れ込み車を炎上させたり暴力的になることもあります
デモからは遠ざかりましょう。

P6281689_convert_20140706223934.jpg
機関銃を構えていた機動隊員もいましたが、カメラを向けたら隠しました。
観光客で溢れるヴェネチア広場で暴発したらどうするのだろう......

P6281697_convert_20140706224349.jpg
...........そんなベネチア広場の横でウエディングをしてました。
こういうデザイン、こういうカラーは英国系でしょう。
ローマらしい、同じ場所での2つの光景でした。

Posted at 14:58 | 未分類 | COM(0) |
2014.06.24

イタリア敗れる!

今日19時頃のローマの町はガラガラ、まったくの渋滞なし
なぜか?みんな、ワールドカップ・イタリア戦に夢中で
お店もバールもレストランもガラガララ

P6241441_convert_20140625053518.jpg
ほとんど車は走っていないけど
交通整理は女子警官がしてます
男はサッカーに夢中?。

P6241442_convert_20140625053742.jpg
こちらは試合後に(勝ったら)ピーピー笛を吹いて暴走するので、その準備かな
サッカー中継を大型テレビで流しているバールはどこも満員でした。

P6241445_convert_20140625054016.jpg
記念? 撮影してます。
私が自宅に辿りついた時は、すでにイタリアは敗れ
まるで水をかけられ尾をたれた犬の様に
イタリア人たちがショボショボと家路についてました。
このブログを書いている内にJapanは先取点をとられてしまった。
跳ね返すのは至難だな。 寝ます。ボナノッテ !

Posted at 21:55 | 未分類 | COM(0) |
2014.06.07

安倍首相がローマにて

ローマに安倍首相が訪問したって、私にナンモ影響は及ぼさないと
思ってたら、そうでもなかった。

P6060664_convert_20140607081343.jpg
昨日は会計士とアポでパリオリ地区へ行く用事が、
バスでは不便なのでタクシーを利用したところ大渋滞
... そうだ、この時間はローマ法皇と安倍首相が会っている頃だと
私にも少しは影響したんだ。10分で移動できるのに30分もかかり
タクシー代も3倍に............,
写真は最近増えてきた女性タクシードライバー
渋滞でヒマだから携帯メールしてました。

P6060669_convert_20140607081113.jpg
こちらはパリオリ地区、弁護士、会計士、医者、映画スターなど
ハイソな方達が居住する区域。
イタリアの国花の夾竹桃が満開
夾竹桃の花言葉:危険、油断大敵
葉、枝、花、根、土....すべてに毒性があります
木を抜いてから1年間も土に毒が残るそうです。
枝をバーベキューに使って死んだ例もあります
..........国花なら、桜がいいなぁ、やっぱり
日本では夾竹桃を県花にしている町が多いです。

P6060679_convert_20140607080903.jpg
ローマを走る市バスでディスカバージャパン、日本に、おこしやすと宣伝してました。
私は、「和風総本家」の放送をよく見てます、「日本っていいなぁ~」と実感してます。
.
Posted at 00:45 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.23

ローマのホスピスにお見舞いに行ってきました。

ホスピスとは治療できない末期癌患者の終末期ケアです。
中世ヨーロッパでは旅の巡礼者を泊めた小さな教会でした
無私の献身と歓待を「ホスピタリティ」(英: hospitality)​と
​病院を指す「ホスピタル」(英: hospital)の​造語です。

P3220881_convert_20140323103437.jpg
(モンテベルデ=緑ヶ丘にあるホスピス)
私の古くからの友人が突然、体に激痛が走り、
診てもらったら癌細胞が全体に廻り、末期の手遅れ
数日の余命との宣告でした。
しかし、彼はとても元気ですでに2週間経ちました。
治療の見込みはないと医者の判断で昨日、ホスピスに
移動になりました。
偶然にも私の家から徒歩10分のモンテベルデ(緑の丘)にあり
毎日でも通えます。
50代のガッチリしたイタリア男が「生きたい」と硬く手を握りながら
大粒の涙を流します。とっても力強く握るし、末期がんと思えないほど
元気なのに......大丈夫だからと

イタリアはカトリック総本山バチカンがあるだけあり
ホスピスは無料です。
8畳ほどの広さの完全個室、テレビ、冷蔵庫、洗面台などもあり
3階の窓からは緑に覆われたローマの町を眺めることができます
4星ホテルの部屋より素敵。
治療目的ではないので、体にチューブをつけて栄養補給はしません。
好きなものを食べることができるよう、メニューもあり
専属シェフがキッチンで作ってくれます。さすがにワインはないけど
前菜からドルチェまでご希望に応じてなんでも。
1日数回、看護婦さんが体を洗ってくれます。
ストレスを与えず静かに過ごす目的ですが
お見舞いに来るイタリア人ファミリーが次から次に
訪れては悲嘆し、一緒になって大泣きするので
生命力が逆に衰えてしまうのでは心配です。
私は「冬は必ず春となり、朝の訪れない夜はない...から」と
メッセージを添えて桜の花満開の図柄の和手ぬぐいを
渡してきました。生きよう!という希望が一番の薬。

P3220879_convert_20140323103634.jpg
ホスピスの近くの民家には藤が満開に咲いてました。

日本は2人に1人が「がん」になり、3人に1人が「がん」で死ぬ。
日本は、世界トップクラスの「がん大国」と ​のことですが
私は癌は日常の生活習慣で予防は可能だと思ってます
「スマイルセラピー」も有効!。​ ​


Posted at 02:49 | 未分類 | COM(0) |
2013.10.01

ローマのリノベーションって凄い

​ガイアの夜明け(​09月17日放送​)で​「中古で実現!自分好みのマイホー ​ム」
​を特集してました​。リフォームではなく「リノベーション」の時代なのだそうです。
ローマでも大がかりなリノベーションをしてます。

RIMG1405_convert_20131001142825.jpg

エウル地区の高級オフィスビル群,ムッソリーニが設計した地区ですから
すでに築70年は過ぎてます。このビル群を解体するのではなく
骨格だけ残し再び高級マンションとして再生する計画です。
事情を知らない観光客が見たら戦争で破壊されたのかしら?と
工事は進捗してません。 予算が切れたのでしょうか?
完成予定日はどこにも書いて無いし..., 誰も知りません。
Posted at 20:41 | 未分類 | COM(1) |
2013.08.25

ボクたちのイタリアの夏休み

8月も残すところ1週間、どんな夏休みを過ごしましたか?
私は周囲のイタリア人はバカンスで不在、
道路はガラスキ、快適にローマで過ごしてました。
私のバカンスは今年も無かったけど、合間に撮った
少年たちのバカンスを紹介します。

DSCF1032_convert_20130825104956.jpg
お爺ちゃんが住んでる田舎に行くんだ、ローマからローカル線でオルテに
もうじき....会える。

RIMG0949_convert_20130825105700.jpg
デンマークからイタリアに来たけど、あまりの暑さと
沢山の観光客で、バテ気味、疲れちゃった。

RIMG0933_convert_20130825105908.jpg
お爺ちゃんと田舎で夏休み、もうじきお母さんとお兄さんが着くんだ
オルヴィエート駅にて

RIMG0956_convert_20130825105455.jpg
森の中のプールで泳いでいたら急に雨
久ぶりの雨でびっくりしちゃった。
僕たちの夏休みも、もうすぐ終わりだ。

Posted at 03:19 | 未分類 | COM(0) |
2013.08.20

イタリア驚異の3D天井画~ポッツォのバロック 

NHK-BS「極上美の饗宴」の番組で何度も再放映された
ローマの教会の天井画...ローマの隠れ人気スポットです。
トレビの泉からパンテオン遺跡に行く途中にあります。

サン・ティニャーツィオ聖堂
オープン:
平日:07:30~19:00/日曜,祝日:09:00~19:00

この教会は合唱コンサート会場として利用されることが多く
何度が入ったことはありましたが、天井まで見上げたことは
なかったのでNHKで特集されるまで分かりませんでした。
上をずっと見て撮るのでかなり首が疲れます。

RIMG0445_convert_20130820132507.jpg

17世紀後期バロック巨匠アンドレア・ポッツォの最高傑作
『聖イグナティウス・デ・ロヨラの栄光』
遠近法を巧みに駆使し幻想的とも思える立体感を見事に
表現してます。建築当時に予算がなく天井ドームに負けない
奥行きの広さを絵画によって表現することが求められたそうです。
どの様にしてこれほど立体感、迫力のある絵を描いたかは
いまでも解明されておらず謎です。

イエズス会士が世界(当時考えられていた世界を構成する
四大陸ヨーロッパ、アフリカ、アジア、アメリカ)へと
その教えを伝道していく場面
≪イエズス会の伝道の寓意≫が描かれている

RIMG1087_convert_20130820221117.jpg
写真ですは迫力は伝わりませんが、実物を観ると落ちてくる様です。

RIMG1084_convert_20130820220907.jpg
どこまでが本物の壁か柱か遠くからでは判別できません。

RIMG1092_convert_20130820220647.jpg
迫力あります。

RIMG1095_convert_20130820220355.jpg
下から見ると吊ってある人形が落ちてくる様です。

オープン時間も長く日曜も見学できます。散策ついでにお立ち寄りください
双眼鏡で観れば、もっと発見があるかもしれません。
Posted at 05:26 | 未分類 | COM(0) |