2013.11.29

イタリアは朝市が楽しい

ローマの朝市は07:00~13:00まで毎日(祝日除く/日曜オープンもあり)
食材(フルーツ、野菜、肉、魚)はもちろん
チョコレート類、ワイン、オリーブオイル、靴なども揃う
朝市がテスタッチョ地区の市場です。
市場内がザワザワしてなく清潔で歩きやすいです。
観光前の1時間、朝市散策はいかがです?
活気があって元気をもらえます。

DSCF1314_convert_20131129120619.jpg

生ハム、サラミ、チーズなど乾物専門店
生ハムは200gで2.60ユーロ、ブルーチーズ,パルミジャンチーズもお得です。
真空パックしてくれます。

DSCF1313_convert_20131129120816.jpg
イタリア(シチリア産)の蜂蜜もお薦め
日本、中国は農薬や空気汚染で蜜蜂は減少し
良質の蜂蜜は少なくなってます。
私はユーカリ林で採れた蜂蜜を好んで買ってます
ユーカリは抗酸化が強く血液浄化に優れてます
咽にもよいです。

DSCF1307_convert_20131129121253.jpg
キッチン雑貨店って好きです。
店員さんに「これ何に使うの?」「どうやって?」など教えてもらいながら
イタリア料理に必要な器具を揃えてます。

DSCF1311_convert_20131129121104.jpg
こんな風に飾るだけで、プロのキッチンみたいに見えます。
オブジェとしても楽しい。

DSCF1306_convert_20131129121509.jpg
生地,端切れ、専門店
イタリアのデザイン、カラーは日本で入手しにくい
炬燵のカバー、クッションカバーなど
1点があるだけで、イタリアンになります。

ローマの下町朝市散策 お問い合わせは ローマナビネット へ!


2013.10.05

ローマの日曜日は蚤の市&オーガニック市場巡りが楽しいよ♪

イタリアの日曜日はお店が閉まってしまうから退屈、どうしょう?と
心配される方が多いです。
ローマのお店,スーパーの大半は日曜もオープンしてます。
せっかくの日曜日のお楽しみは蚤の市とオーガニック市場
見学がいかがです?
アンティックなお宝や、健康に優しい食材探し、楽しいです。

DSCF1139_convert_20131005215335.jpg
アンティック?な絵画やブロンズ人形など、値段は交渉次第

DSCF1142_convert_20131005215643.jpg
額縁は新品もありますが、100年くらい前には有名な絵が入ってたのでは?
という様な格調高い額もあります。そんな額に鏡を入れて覗いてみては....?

DSCF1143_convert_20131005215059.jpg
お手軽なマイお土産はデミタスコーヒーカップがお薦め!
靴、バック、衣料品も多く出てます。

DSCF1148_convert_20131005215935.jpg
こちらはオーガニック(有機栽培)の市場
BIO(有機栽培)のEVオリーブオイルは日本では250mlサイズで
3000円くらい、こちらでは1L入りで10€(1350円)とお得
各種オリーブオイルのテイスティングもできるから
お好みの味をお求めになることができ、失敗しません。

DSCF1149_convert_20131005220233.jpg
チーズ専門のお店、味見もできます
モッツアレッラチーズの燻製=スカモルツァチーズは日保ちします
日本まで持って行きやすい。少し炙って食べるとビールによく合います。

蚤の市&オーガニック市場はテルミニ駅前から170番のバスで20分くらい。
個人では少し心配な方はサポ―^トします。
詳細は こちら をご覧ください。
2013.08.22

ローマの夏野菜で伊食同源

8月はイタリア人の2/3は長期バカンスで不在になり
大半の朝市はお店を閉めてしまいます。そんな夏でも
活気がある朝市はテルミニ駅から徒歩9分の
エスクリーノの朝市です。
新鮮な野菜、フルーツなどが山盛りです
エスニックな食材が揃うことで外人も多く訪れます。

RIMG1124_convert_20130821174003.jpg

バジル(伊名:バジリコ)紫蘇科
ローマの朝市で一束(250g)80円くらい
旬の夏にまとめ買いして冷凍保存してます
冬でも美味しいジェノベーゼを食べることができます。
(効能)
このβ-カロテンがバジルには大量に含まれています。
β-カロテンは免疫力を高める効果があり、抗酸化作用が​あります。​
ビタミンEも多いほうです。ビタミンEも老化防止の決定版。
​ビタミンE​、カルシウム、鉄分、マグネシウムなどが多く含まれています。
バジルの香り成分には鎮静作用・リラックス効果のあ​り,
胃腸の働きを改善する役割もあります。
殺菌・抗菌作用も強く、風邪、気管支炎・解熱・口内炎などの
細菌性の病気に予防効果があります。

RIMG1123_convert_20130821174223.jpg

イタリアン・パセリ(伊名:プレッツェーモロ)セリ科
 +ローマの朝市では一束(250g)50円ほど
  これも旬の夏に買い冷凍保存します。
古代ローマ時代より料理に用いられ、世界で最も使われているハーブ。
日本人は食べないけど欠かせない野菜ですね
東海林さだお氏は(週刊朝日7月26日号108ページ内)で
「ぼくはパセリが不憫でならない。その境遇があまりにも哀れである....
八割の人が食べない。パセリの悄然に胸が熱くなる」。と結んでます。
 イタリアでは魚を買うと臭い消しにオマケでついてきます。
 トマトソースに微塵切りにしてハーブとしてよく利用してます。
 野菜サラダに入れると高貴な香りが広がります。
(驚きの効能)
◆豊富なβカロテン
β-タカロチンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが
その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、
粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を
守る働きがあるといわれています。
◆アピオールという精油成分
パセリ特有の香りは、アピオールなどの精油成分によるもので、
口臭予防、食欲増進、疲労回復、食中毒予防効果などがあるとされています。
◆ビタミンKを最も多く含む食材です
パセリはあらゆる生鮮食品の中で最も多くビタミンKを多く含んでいる食材。
ビタミンKは体内でも作られますが、カルシウムを骨に定着させる働きの他、
血液を凝固させる成分の合成にも関わっています。
◆ビタミンEも野菜の中ではトップクラス
ビタミンEはカロテンなどと同じく、強い抗酸化作用があり、
活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるので、
動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立っています。
◆鉄分をはじめ、カリウムなどミネラルが豊富
パセリには不足しがちな鉄分が沢山含まれています。
​ ​カリウムも野菜の中でトップクラス。
◆ビタミンCも野菜の中ではトップクラス
パセリはなんとビタミンCにおいても野菜の中で赤ピーマンや
キャベツに次いで沢山含まれています。

RIMG1121_convert_20130821174456.jpg
ゴーヤはイタリア人はほとんど食べません。トマト煮込んだら美味しいかしら?
この種のカボチャは煮つけたり、天麩羅にして私は食べてます

RIMG1126_convert_20130821174742.jpg
私がイタリアに赴任した頃は、写真の様な柔らかいコーンはなくて
硬い飼料用のトウモロコシだけでした。
日本では生で食べれる甘いトウモロコシがあるらしいけど...食べてみたい。
今年の夏はとても暑かったのでスイカは1kg=150円くらいと安い
葡萄や桃も出始めました。

朝市は日曜以外は午前中オープンしてます
テルミニ駅28番線ホーム側前の階段下、歩3分

2013.05.31

ローマの朝市・初夏

イタリアは不安定な天候で、雨が多く、少し寒いです。
6月に入っても暑くなりません。
こんな気候は200年ぶりとか....
野菜やフルーツの収穫が心配ですね
朝市を散策してみました。

biwa.jpg
枇杷
茎も葉もついた状態、樹からもいできてそのまま店頭に、
フレッシュさ満点。100g=30円

RIMG0175_convert_20130531225716.jpg
ズッキーニの花
花の中央にアンチョビ、ガーリック、西洋をパセリを
細かくカットして詰めて小麦粉をつけて天麩羅にします。
ビールによく合います。

RIMG0177_convert_20130531230841.jpg
野球ボールみたいなズッキーニ
半分に割って、中身をくり抜き、ビーフミンチを入れてオーブン焼き
再びボール状態にしてお皿に盛ります。

RIMG0173_convert_20130531222023.jpg
さくらんぼ
サクランボが旬です。
甘酸っぱいです。100g=30円

RIMG0178_convert_20130531221732.jpg
スイカ
寒いからね食べたいとは思わないな
スイカはカーッと暑くないとね
1kg = 150円

RIMG0181_convert_20130531221428.jpg
フンギポルチィーニ
雨が多いからでしょうか?レッジョカラブリアから届いてました。
リゾットにすると美味しいです。
100g= 400円

朝市巡りは活力を感じ朝のスタートに勢いを与えてくれます。
ローマナビネットでは観光前の朝市巡りもアレンジしてます
お問い合わせは ローマナビネット までご連絡ください。

2013.04.08

日曜日の朝は蚤の市が楽しい!

久しぶりに日曜日が晴天になり蚤の市を散策しました。

RIMG1975_convert_20130408125924.jpg

ヨーロッパのアンティック陶器,べネチアングラスもあります。
アンティック陶器は日本と比べとても安いです。記念に1点いかがです?

RIMG1984_convert_20130408130149.jpg

蚤の市から徒歩6分、ビオ・マーケットがあります。
日曜午前は出店が広場に出て生産地直送の野菜、オリーブオイル
パン.ワイン、チーズ、生ハム、牛乳、卵など、すべて有機栽培
安心して、美味い料理を作れます。
私は1000の花が混じったという蜂蜜を買いました
500ml入りで500円,蜂蜜はBIO(有機栽培)を買ってます。

RIMG1990_convert_20130408125608.jpg

蚤の市でゲットしたのはこれ! 絶対失敗しないワインオープナー
西ドイツ製と書いてあります。 
コルクの中央に奥までネジ込み、上の棒をクルクル回すと
コルクが上がってくる仕組みです。シンプルで機能的.
ヨーロッパ各地のワインオープナーを集めるのも楽しいです。
2013.02.14

ローマの朝市にて

週に3~4回、近くの朝市で食材の買い出しをします。
特にワインは量り売り(1.5Lで4ユーロ)を頻繁に買います
フルーツや野菜は暖房の部屋では痛みやすいのでまとめ買いはしません。

RIMG1543_convert_20130214144843.jpg
今朝は小学生たちの社会見学でした。MAGROと看板のある魚屋です
子供たちにとって大きな魚や頭のついた魚を見るのは初めてかもしれませんね

RIMG1444_convert_20130214145110.jpg

霜降り?の牛肉は生ハムをスライスする様に薄くカットしてもらい
すき焼に使います。
余ったら生ハムを挟んでロールし小麦粉をまぶして、少しの白ワインで
フライパンでソテーすると、簡単にサルティンボッカアラロマーナの
イタリア料理になります。

RIMG1410_convert_20130214145410.jpg
ステンレス樽に手を突っ込んで何をしてるのでしょう?
これはムール貝の髭を掃除するすぐれものマシーンです。
底にタワシ状のブラシを設置しムール貝を入れて勢いよく回すのです。
キレイにムール貝の髭がなくなりツルツルになります。
これで銀杏の皮剥きに応用ができそう・・・・・。

RIMG1409_convert_20130214150934.jpg
アサリを一つ一つつまんで机に叩いてます。何をしているのでしょう?
私が、貝の中に砂が入ってないのを選んでとお願いしたら
砂はこうやって叩いて出すんだと......トントンと
30個ほどたたき出してくれました。
美味しいボンゴレパスタにして、余ったら味噌汁になります。

2012.12.23

クリスマス前のローマの朝市

クリスマス前の朝市はパーティや家族揃ってのディナーの
食材やクリスマスプレゼント選びに大賑わい。

11233.jpg
ローマは中年男性が食材を吟味して買い物することが多いです
財布は夫が握り、必要に応じて奥さんにお金を渡すのが一般的
イタリア男はケチと見栄を兼ね備えてます。

11232.jpg
豆のスープの食材
ローマはよく豆のスープを作ります。
飲むスープはミネストローネ、食べるスープはズッパと呼びます
コトコト煮込んでる間に部屋は温まりますし
ショートパスタを入れて食べるのが好きです。

11234.jpg
ローマではネオナート(新生児)と呼ばれるシラス(仔稚魚)
1kg=24ユーロ 、200gもあれば十分
ワサビ醤油で食べるのが一番だけど、
イタリア人は小麦粉でハンバーグ状にして食べるのが一般的。
醤油が欲しいよね。

12231.jpg
イタリア人はウナギはクリスマスからお正月の間しか食べません
日本の様に夏に食べる習慣はありません。(日本だけか?)
料理法は南蛮漬け(フライにして甘酢に漬ける)のが一般的
かば焼きが一番だけど、イタリア人は裾けないでしょうね!
誰か捌いて欲しいなぁ.....食べたい。
2012.11.03

インテリア雑貨を朝市で探す

私は2日に1度は朝市で新鮮野菜や肉、魚などを買いにでかけます
基本的に冷蔵庫に保存しない、食材は常にフレッシュというポリシー。
お気に入りは移築全面改装した下町にあるテスタッチョ市場
このテスタッチョ朝市は他の朝市と違うのは、靴、衣料品、化粧品
キッチン雑貨、インテリア雑貨など何でもリーズナブルな価格で揃います。
きょうはインテリア雑貨をご紹介しましょう。

1103a.jpg
イタリア人のセンスは抜群。発想がユニークで参考になります。
アンティックにモダンを組み合わせ部屋に合うインテリアと生まれ変わります
色合いも素敵。

1103b.jpg
飾り方によっては薄汚くなるブリキもアイデアで素敵なインテリアになります。

1103d.jpg
上はトイレットペーパーホルダー、下はスズメ姉妹のハンガーフォルダー
鉄製で少し重いけど、先祖代々使えそう。

1103c.jpg
ハーブなど香り入りキャンドルを入れて仄かな灯りで素敵な夜を演出
右は紙袋に穴をあけただけ「燃えないかしら」と訊いたら、大丈夫とのこと
だけど心配だから小さいLEDで色を変えて数個並べるとイイ感じ ♪。

1103e.jpg
アンティックな鍋敷きを並べたハンガーフォルダー
玄関にこんなのがあると訪問者の注目を浴びるかも。

朝市って2時間居ても退屈しません。
カンポディフィオーリの朝市は観光客向けの土産品が大半で
下町風情が消えてしまいました。(とても残念です)
こちらのテスタッチョ朝市がお薦め(月~土07:00~13:30)
交通:ベネチア広場前のバス停(始発)から719番のバスで
テスタッチョ回転寿司店Junsei前下車、歩1分
* 一人歩きは少し心配な方にはサポートします。ローマナビネットへご連絡ください。
2012.07.27

下町・テスタッチョ地区の朝市

グルメの下町・テスタッチョの市場が新装移転しました。
レストランが並ぶカルバン通りの広場、
市場の施設内には回転寿司やシチリアのケーキ店、臓物バーガーの店もあります。
ウロウロ廻るだけでも十分に楽しめます。

7271z.jpg
今年の夏は暑いから野菜も大きい、パプリカやナスは1kg=130円
ホウレン草、キャベツ類は1kg=100円 スイカは1kg=50円
イタリアは外食はとても高いけど、自炊は安くできます。
私は2日に1回は朝市に通ってます。

7272z.jpg
いろんな種類の飴やチョコの量り売り 100g=150円
私はアーモンド、松の実、レーズンなど買ってます。

7273z.jpg
市場の真ん中にある古本屋、野菜を買うついでに本を選ぼうと思わないけど
商売になるのかしら?

7274z.jpg
テスタッチョ市場は他の朝市と違い、靴屋が5店入ってます。
日本だと1500円くらいだと中国製の合成皮が主流でしょうが
こちらはちゃんとイタリア製で本革、
サイズが和えば超お得です。

新鮮な魚、馬。羊、ウサギ、ブタ、牛の肉などや
チーズ、生ハム、キッチン雑貨、ワインの量り売りなどのお店も充実してます

月~土の午前中お時間があれば是非、散策してください
グルメ地区をご案内します。
2011.09.26

朝市(メルカート)活用法

観光でイタリアを訪れても朝市(メルカート)見学できる時間は無い?と
諦めてません? 朝市は(月~土)7時半くらいから開催してます。
観光開始前、朝食前、少し散歩してみましょう。
ローマテルミニ駅から徒歩10分以内に2軒あります。
1軒はオペラ座正面の狭い通りを入った市場
洋服、靴が多いですが、八百屋もあり、新鮮なモッツアレッラチーズもあります。
2軒目は駅の反対側にあります。
VIA MONTEBELLO 通り(テルミニ駅から歩7分くらい)

市場93
葡萄、オレンジ、柘榴、プラム、新鮮なフルーツが1個単位で買えます

先日、早朝7時、テルミニ駅に向かう途中で携帯電話のバッテリー切れしてることに
気がつきました。1日外に出なければなりません。
携帯電話が使えないとかなりヤバイ.... 貴方ならどうする?♪
ヒラメキました。「そうだ朝市に行って充電アダブターを買おう!」
テルミニ駅からサッサと歩いて5分、朝市で「この携帯用の充電アダブター
欲しいんだけどぉ~あるっ?」って聞いたら「あるよ~っ」との心強いお返事
5ユーロでした。イタリアの電車は座席近くにコンセントがありますので便利
充電できて助かりました。市場はコンビニ以上に便利かも!

市場92
PCのパーツ、IPHONE専用カバー、携帯電話の充電アダプター、コンセントジャックなど
何でも揃って、安い。

市場91
キッチン雑貨、衣類、ジーンズなど
靴は100~150ユーロの店頭価格の品が40ユーロ。
<注>イタリア製であることを確認すること、
靴は両足履いて、足踏みを数回して違和感ないことを確かめること。
早朝朝市散歩いかがです?。アウトレットより掘り出しものが見つかるかも!
*フィレンツェやミラノのメルカートは、高級ブランドの品が多いそうですよ。