2011.02.11

コロッセオにて

「コロッセオが倒れる時、ローマが滅びる。ローマが滅びる時、世界は滅びる」と
 コロッセオの偉大さを称えています。紀元80年より倒れることなく聳えてますが
2000年を超える風化のため破損が目だってきました。イタリアは予算がなく放置。
なんと....靴/革製品高級ブランド・トッズが修復代28億円!を寄付するとのことで
今年後半より修復工事がスタートします。

clo221.jpg

私が学生時代、ローマを旅行した頃、市バスはコロッセオ外観を走り廻ってました。
私がローマに赴任した頃はコロッセオの入場は無料でした(門がなかったです)

colo223.jpg

コロッセオ内部、「殺せっを」と言うだけあり1000人ほどの剣闘士が命を落としてます。
公開処刑場でもありキリスト教徒が殉死してから、教会が建築資材としてコロッセオの大理石を
取るのを中止したため破壊が進まず保護されたようです。

colo21.jpg

コロッセオ名物、剣闘士と記念撮影

ベニヤ板に絵を描いて顔の部分だけ出るようにして
1回1ユーロで写真サービスしたら、効率よく稼げるんじゃないかな。
気軽に安く安心して記念撮影できるというのがポイント。
Posted at 20:37 | 遺跡で | COM(0) |
2010.04.28

ローマ・橋の遺跡

イタリアのユーロ紙幣の裏にはすべて橋が描かれてます。
5ユーロの古代の橋から近代、未来へと進みます。
イタリアの建造技術の誇りの表れでしょう。
古代の橋が現代でも堂々と現役でがんばっているのですから・・・

個人旅行はローマナビネットにお任せだよ!
左後ろに見える橋はポンテ・ロット(壊れた橋)
紀元前241年に建造されエミリオ橋と呼ばれてました。
ローマで初めて建造された石の橋です。
度々の洪水の被害で壊れてからポンテ・ロット(壊れた橋)と
呼ばれるようになり使われなくなりました。

個人旅行はローマナビネットにお任せだよ!
ティベリーナ島(Isola Tiberina)にかかるファブリシオ橋
現役で活躍中のローマ最古の橋のひとつ(紀元前62年)

個人旅行はローマナビネットにお任せだよ!
ファブリシオ橋の反対側にあるティベリーナ島に架かるチェスティオ橋(紀元前44年)
建材にマルチェロ古代劇場を壊した石を利用したそうです。
この橋は私は病院の往復に何度も利用してますが、そんなに古いとは驚き
今でも車も人の橋を使ってます。

イタリアのユーロ紙幣の図柄に橋を載せ自慢するのも納得できます。
Posted at 21:31 | 遺跡で | COM(0) |
2010.02.06

古代からのメッセージ・オスティア・アンティカ

私は古代遺跡の石碑やモザイク画が好きです。
前400年に建造された古代の町オスティア・アンティカには多くの石碑やモザイクが残ってます。

o12.jpg

石棺の装飾、馬車に天使が舞っているのでしょうか? 馬の輪郭もしっかり描かれてます。

014.jpg

公衆浴場?の床のモザイク、中央に排水溝も完備。
モザイク画にはコケが生えるままに放置、日本ならきれいにしてガラス張りにするでしょう。

o13.jpg

麦の収穫から小麦粉にしてパスタ作りでしょうか? 家族経営みたいですね

015.jpg

家族の記念写真の石碑でしょうか?
子供の居る家庭が描かれた石碑やモザイク画が多く残ってます。
平和に楽しく豊かに生活していた証しです。
オスティアアンティカの古代遺跡群には5万の人々が暮らしてました。
海を渡ってきた外人も多く住み、平和に統治されていたようです。
私たちにどのようなメッセージを送っているのでしょうか?
古代より遺された石畳を歩きながら、遠い時代からの声に耳を傾けてみませんか?
Posted at 19:30 | 遺跡で | COM(0) |
2010.01.20

遺跡に咲く花たち

オスティア・アンティカの古代遺跡群では春の花が咲き初めてました。

DSC00328.jpg
円形劇場の椅子の隙間からタンポポが風に揺れてます。

DSC00339.jpg
古代遺跡がまだ埋もれているこの大地では花々が春を呼んでます。

DSC00346.jpg
アザミの花が鮮やかに、人々が生活をしていた住居の中庭に咲いてます。

春の遺跡散策はいろんな色彩が溢れだし楽しいです。


Posted at 23:14 | 遺跡で | COM(1) |
2010.01.19

海のシルクロードの終着地オスティア・アンティカ

ローマ近郊の古代遺跡群オスティア・アンティカは海のシルクロードの玄関として
NHKでシリーズ放映されたことがあります。中国、中東、ギリシャの地中海より
オスティアの港から、テーベレ川を運河としてローマに世界の富が運ばれました
古代オスティアは行政・商業機能の中核で人種、文化の異なる多くの人が暮らし
コスモポリタンの町として栄え発展しました。
オスティアアンティカの古代遺跡は起源1世紀~3世紀に繁栄8世紀頃に衰退しました。
疫病のため一瞬にして滅びたとも言われてます。
18世紀に発掘されるまで埋もれてたので保存状態がよくポンペイの次に規模の
大きな古代遺跡郡として注目されてます。


古代探訪はローマナビネットがご案内

笠松が生い茂げ、轍で摩滅した石畳が続きます。
幅900m,長さ3kmのメインストリートです。

古代探訪はローマナビネットがご案内

床面に白黒石のモザイクで作られた当時のお店の看板がところ、どころに出てきます。
古代ローマ時代の商業組合の看板だそうです。

古代探訪はローマナビネットがご案内

古代劇場、4000名を収容した観客席です。
今でも夏には古代劇やコンサート会場として利用してます。

古代探訪はローマナビネットがご案内

劇場前にて

古代探訪はローマナビネットがご案内
オスティア最大の神殿=ハドリアヌス帝の時代のカピトリウム

遺跡内には共同住宅、500人を収容したサウナ風呂、水洗トイレ
パン屋、喫茶店、トラットリアなどが残り豊かなな文明生活をしていた
様子を伺うことができます。

DSC00353.jpg

南イタリアのポンペイに次ぐ大規模な古代遺跡群ですが
訪れる観光客は少なく、ノンビリと散策しながら楽しめます。
古代遺跡の中で、当時の生活を思い浮かべながら歩くのって好きです。
雄大なロマンが拡がります。08:30~の朝一番からの見学がお勧め!
他の遺跡と大きく違い緑が豊かで空気がとても美味しいです。

<交通>
ポルタ・サンパウロ駅よりオスティアンティカ駅下車 歩6分
<オープン時間>
冬期=08;30~17:00 / 夏期=08:30~18:00 
*チケット売り場は閉館1時間前に閉まります。
<休館> 月曜/12月25日/1月1日
<入場料> 6.5ユーロ
<注> 遺跡内の売店、トイレは閉まっていることもあります。
   チケット売り場前のトイレで事前に済ませましょう。
   オスティア・アンティカ駅前の売店で事前にサンドイッチや飲み物を用意して
   遺跡内でピクニック気分でゆっくり過ごすのも楽しいです。
   摩滅した石畳は歩きにくいです。歩きやすいスポーツシューズをご用意。

 □ お一人で歩くのは少し心配という方は私が同行します。


Posted at 18:30 | 遺跡で | COM(2) |
2009.11.10

フォロロマーノ遺跡から

ローマの古代遺跡フォロロマーノは観光には欠かせないビッグポイントですが
小高い丘の上にあるパラティーノ宮殿遺跡まで足を伸ばす観光客は少ないです。
私はパラティーノ宮殿遺跡が好きです。

op1.jpg
パラティーノ宮殿の丘よりフォロローマノ遺跡を俯瞰

op2.jpg
古代遺跡の跡には笠松がスクスクと伸びてました。


op3.jpg
パラティーノ宮殿遺跡にはこの様な遺構がたくさん残ってます。
どんな神殿だったのだろう? どんな人たちが暮らしていたのだろう?
,,,,,,,, 自分でイメージして、数千年前を思い描いてみる
,,,,,,,,, そんな時間の過ごし方が私は好きです。
数万年の長い歴史から見れば人間の一生って、ホンの一瞬っ!そう思いません?
Posted at 10:24 | 遺跡で | COM(0) |
2009.10.26

ローマ最古の教会

トラステーベレ地区の中心にあるサンタ・マリア・イントラステーベレ教会は
現存するローマの教会で最も古い教会の一つです。
3世紀に建造された時は古代ローマ遺跡の神殿などの柱とってきて
使ったりしたそうで、各柱が歪なのは、遺跡の柱がバラバラだからそうです。

tra3.jpg
ディナー前の19時頃に訪れてみました。観光客は居なく、とても静か

tra2.jpg
教会の電灯はコインを入れると数分だけ灯ります。

tra1.jpg
他のローマの教会と違い、ビザンチン風のモザイク画です
とても威厳があり、感動的です。
トラステーベレでディナーを取る時、お時間がありましたら
立ち寄ってみてください。 素晴らしい思い出になります。


Posted at 14:55 | 遺跡で | COM(1) |
2009.10.20

聖天使城のお勧め

映画「悪魔と天使」でカステルサンタンジェロ(聖天使城)は有名観光スポットに
なりましたが、団体観光コースでは車窓からの見学のみです。
城内は時々展示会を開催している程度でお金を出して見学するほどでもないですが、
入館料10ユーロを払ってでも入る価値のあるスポットです。
DSC09734.jpg
お勧めするスポットはお城の屋根、聖天使の足元まで昇ると
遮蔽物がなくローマの町を360度眺められるのです。

DSC09738.jpg
城の屋根に多くの観光客が昇ってます。

月曜休館
09:00~18:30 入館料10ユーロ(ローマパス有効)
10月下旬に夏時間が終わると18時ころは真っ暗になります。
そこで....お城の屋根に昇ってローマの町の夜景を楽しめます。
ウオーキング・ローマイルミネーションツァーでは2名様をご案内してます
ディナー前の散策楽しみません? せっかくのローマだから....
Posted at 21:42 | 遺跡で | COM(1) |
2009.09.14

イタリアの秋・チボリ庭園へ

イタリアは日本と比べ鮮やかな紅葉は少なく黄葉が多いですが
それでも落葉の季節は私は好きです。
ローマで1日フリーな時間ありましたら郊外へ小旅行に出てみません?。
中世の貴族の別荘、チボリのヴィラ・デ・エステがお勧め。

DSC07530.jpg
ヴィラ・デ・エステの展望台から眺め、中世のままの町並みが残ります。

DSC07550.jpg
ヴィラ内には贅を凝らした彫刻が並び、まるで野外博物館

DSC07552.jpg
ヴィラ内には100を超える噴水があり、当時は電力ではなく山の斜面を計算し
自然の動力で噴水公園を演出してました。
夏の賑やかな旅行者が減り、静かに散策するには最適な季節を迎えました。

DSC07553.jpg
木漏れ日に光るプラタナスの葉も、黄葉を始めます。

DSC07562.jpg
ヴィラの城館内には当時の繁栄の鮮やかなフレスコ画が天井を飾ります。

私は静かなイタリアって好きです。 猛暑続きのエキサイトな夏が終わり
ローマは朝晩は寒さを感じる季節になりました。
秋のイタリアはちょっと郊外がお勧め。

チボリのヴィラ・デ・エステ(エステ家別荘噴水庭園)とクラウディア水道橋を
ドライブツァーをアレンジします。

Posted at 10:02 | 遺跡で | COM(1) |
2009.09.06

ローマといえばコロッセオ

ローマで一番ポピュラー(知名度のある)名所といえばコロッセオでしょう
約2000年前からローマのシンボルとして君臨してます。
いつもはコロッセオを下から撮ってますので、市バスに乗って撮ってみました。

ローマナビネット
長径188m短径156mの楕円形で高さは48mで45,000人を収容出来たそうです。

DSC09036.jpg
コロッセオは日本ではコッロシァムとも呼ばれてますが、本当は「フラウィウス闘技場」です
ローマの古代遺跡は建設命令者の皇帝や設計者の名前をつけるのが一般的です。
例えば、アッピア街道のアッピアはアッピウス・クラウディウス(執政官)です。

残念なことに古代遺跡は頑丈な石材を使われていることから
アパートの土台の建築資材として何度も盗掘に遭い形が崩れてしまったことです
バチカンのサンピエトロ寺院の資材としても使えわれました。
建造年数300~500年くらいのアパートを訪れると古代建造物の柱だったろうなと
住居の中に遺跡を見ることがしばしあります。

*コロッセオ入場は秋の観光シーズンを迎え込んでます。
 コロッセオの入場予約代行をします。
 ご希望の方はメールにてご連絡を。


Posted at 04:36 | 遺跡で | COM(2) |