2008.03.17

理想のトスカーナのアグリって

イタリアの田舎(アグリツーリズモ)でノンビリと美味しい料理を食べ自然の中で過ごす
・・・そんな休暇の過ごし方がブームになっています。
しかしアグリも農家の納屋を簡単に改装した宿や700年前の領主の館を改装した立派な宿とか
資本力の有無でまったく違ったタイプになっています。こちらのアグリは700年前の領主の館を
外観は変えないで中身を5星クラスホテル並みのデラックスにした本格的リゾートタイプです。
agri014_002.jpg

特に水廻りには徹底してこだわりジャグジーバス付き
全室キッチンつきのコンドミニアム
料理は元イタリアンレストランのコックのマンマが腕を振るいます
料理レッスン、薪釜で本格的ビステッカフィオレンティーナ、ピザ、パン焼き
近郊ドライブは世界遺産の2つオルチア渓谷やエンツァの町へ
チーズ工場やワイナリーへも、テルメへもご案内します。
ローマやフィレンツェからの到着が簡単。
agri014_004.jpg


今年のバカンスはユッタリされたい方は是非ご利用ください。
田舎に泊まって時々観光、グルメとワインでくつろぐってどうですか?
気になるお値段はフィレンツェ市内の4星ホテルよりズッとお得です。

「こんなトコロに泊まりたい...」.という発想から生まれたアグリです byオーナー

詳細はこちらから
2008.03.08

キャンティに近いアグリツーリズモ

イタリアの自然が豊かなアグリでゆっくり少し長く滞在したいっていう
ご希望が増えてます。6月~9月の予約は今の内にしないと満室になって
しまう人気のアグリをご紹介してます。
こちらのアグリの特徴:
①四方を山々に囲まれトレッキングコースが充実している。
②希望者には最寄り駅(フィレンツェよりローカル線で20分ほど)の送迎あり
③オーナ(下の写真)は大阪留学経験ありカタコトジャパニーズが通じる
 ご主人はトレッキングのガイド
④キャンティーワイナリーまで車で30分ほど
⑤市場、スーパーへは車で10分ほど
⑥簡易キッチンつきだから自炊して節約もできる
  もちろんご希望により朝食、ディナー、料理レッスンも可能。
DSC03810.jpg
 <オーナは新婚さんご夫婦です。日本語OK! >

DSC03815.jpg
<窓からトスカーナを眺める>
DSC03819.jpg
 <葡萄畑や樫の林に囲まれとっても静か>
DSC03846.jpg
<見たこもとない野鳥の声の囀り、小さな花々など自然を楽しめます>

こんなところに1週間も滞在したら社会復帰がたいへんかも・・・・。
3泊~1週間の予約を受け付け中! こちらから
2008.02.28

イタリアの田舎の教会でミイラをみた

昨日ご紹介したローマよりローカル線で約30分、パレストリーナの町は
歴史的に古く古代ローマ時代から中世まで繁栄しました。町にあるこの教会は
およそ800年前に建造されました。

DSC03729.jpg


教会の祭壇の下にミイラがウインドーケースの中で眠ってます。
イタリアは聖人の遺体を祈りの対象として祀ることがあります。

DSC03225.jpg


ガイドブックに載ってない田舎町に観光地よりオドロキがあるのもイタリアらしいです。

2008.02.27

ローマから30分、300頭の羊たちとの出会い

ローマ・テルミニ駅からローカル線で30分のヴィッラの近くに300頭の羊たち,,,,,,,,
美味しいチーズやヨーグルトを作っていると訊いて、早速行ってきました。
DSC03677.jpg

毎朝、毎夕2回ミルクを絞るそうです。 チーズはペペロンチィーノ(唐辛子)入りや
ハーブ入り、ザル豆腐みたいな食感のリコッタチーズ(ミルクの甘さを感じます)
羊ミルク100%のヨーグルトは酸味が薄くほのかな甘さがあり食べやすいです。
DSC03669.jpg


ヴィラから800年前の城砦跡カステル・サン・ピエトロの夜景は美しいです。
DSC03703.jpg


ローマ観光を昼間して、こちらにノンビリステイはいかがですか?
オープン記念プライスで2名ご利用で朝食つき1名45ユーロとお得
最寄国鉄駅の送迎は無料、市内のホテルに泊まるより楽しいです
詳細はこちらから

2008.02.15

イタリアで乗馬ってどう?

イタリアで乗馬をしたいっていう希望が多くなりました。日本と比べ手軽に乗馬を楽しめます
DSC03573.jpg

ウンブリアの山々の谷に450万㎡(東京ドームが100個入る広さ)の敷地に
リゾートタイプのアグリツーリズモがあります。こちらの敷地内に専用の馬場があり
20頭近い乗馬用の馬が飼育されてます。
初心者でも専属コーチが教えてくれます。慣れてくると森林を走らせてくれます。
夏は森の中まで馬で行き、バーベキューパーティなどします。
観光だけで終わらない、思い出に残ることしてみません?

天空の町+大自然のアグリ滞在プランは、こちら
2008.01.24

トスカーナ 春が来るかな

フィレンツェの近くのアグリツーリズモに行ってきました。
風は少し冷たかったですが、快晴で春のようにポカポカと気持ちよかったです
DSC03134.jpg

ミモザの花が今にも咲きだしそうです。ミモザは3月初めに咲く花ですが
今年は春の訪れが早いのでしょうか?
DSC03136.jpg

アヤメ?みたいな花も咲いてます。 こちらのアグリは町中の立地にありながら
塀の中に入ると広大な敷地で花々や野菜、果物、オリーブ、葡萄などすっごいです。
DSC03138.jpg

レモンのお化けみたいなのはチェドロと呼ばれますシチリアなどの南イタリアの特産ですが
こちらのアグリは冬期は温室に入ってます。フルーツジャムにしたりします。

イタリアの春! アグリでのんびり滞在はこちら
2007.10.20

きょうもチビタに・。・。・。

DSC02272.jpg

きょうもチビタバニョレッジョ(天空の町)に行ってきました。
DSC02273.jpg

紅葉はますます赤く染まってきました。
DSC02266.jpg

きょうのウンブリアは風が強く、冬が近づいてきたようです。
次回は11月8日にチビタに来る予定。明日はモンタルチィーノに行ってきます。
ローマ発天空の町散策プランはこちら
2007.10.18

チビタの紅葉

天空の町=チビタバニョレッジョに行ってきました。
ちょうど紅葉まっさかりでとてもキレイです。
DSC02219.jpg

今頃のイタリアは暑くなく、寒すぎることなく快適な旅です。
DSC02220.jpg

イタリアは真っ赤になる紅葉は少ないですが、丘の上では気温の差が激しいので
見事な紅葉を眺めることができます。
チビタバニョレッジョ+オルビエト&大自然のアグリプランはこちらです
2007.08.26

自然あふれるアグリに滞在

DSC01566.jpg

黄色く可憐に咲く花、何の花か分かります?
ルゲッタ(ルーコラ)です。フィレンツェ郊外にアグリツーリズモの敷地に
まるで雑草の様にそこらじゅうに咲いてます。ルゲッタはイタリアの八百屋で
一握り1ユーロはします。苦味のあるサラダ野菜で胃を刺激して美味です。
DSC01576.jpg

いくらでも採ってよいよとアグリのオーナの許しを得て夢中で採りました。
ボール一杯分くらいはあります。右のは韮です、ついでにもらいました。
DSC01573.jpg

こちらはズッキーニと花です。花にアンチョビとチーズを詰めたフライは美味しいです。
DSC01568.jpg

野菜だけでなく、果物も沢山あります。これも採り放題OK!
今頃は、イチジク、桃、レモン、葡萄、プラム。。。など
朝、おきてフルーツを沢山採ってきて朝食にするって最高のシアワセ
すべてオーガニック栽培だから安心です。
フィレンツェ駅から僅か13分、住宅街の中にこれだけ広大な自然が
あるのに驚きです。
豊穣の秋に訪れてみません? 11月はオリーブ摘みの始まりです。
アグリの詳細はこちらです。

2007.08.08

アグリツーリズモでブタになる

イタリアでロハス的ブームなアグリツーリズモはいろんなタイプがあり
主流はキッチン付き自炊タイプで庭の自家栽培野菜で料理です。
今回、宿泊したアグリはキッチンがなくホテルタイプで食事は食堂で
3食出してくれます。驚いたのはランチ!
なんと、チーズ、サラミ、ハム、牛レバーのカナペが前菜(アンティパスト)
パスタは2種類、メインの肉は2種類、デザート、コーヒー、ワインは飲み放題。
こんな料理を食べました。

DSC01363.jpg

ニョッキ(ポテトと小麦粉で作るパスタ)の自家栽培のズッキーニ
パプリカ、トマト和え
DSC01388.jpg

マアレタイヤータ(乱切りパスタ)の子牛肉ミンチ和え
DSC01389.jpg

イノシシ肉のカルパッチョ、(外側をこんがり焼いて中が生)レモンと塩で味付け
パルミジャンチーズとルッコラ(苦味の葉)を添えてます。
臭みなく、しっかりとした肉の味でサッパリした味つけです。

この他に地鶏の香草煮、サラダ、デザートはリンゴ包みのミレフォーリの
ザバイオーネクリームソース和え
パスタ、メインは何回でもお代わりできます。
私の隣のイタリア人は750ml入りの地ワインを3本もあけてました。

ディナーは前菜2種類、パスタ、メイン1種類、付け合せ野菜
サラダ、季節のフルーツと楽でした。

私はメタボが心配なのでダイエット中でしたが誘惑には勝てず
縮みかけた胃が膨らでしまいました。
こちらに1週間も滞在したら確実にブロイラーになりますね。

アグリ情報はこちら