2016.04.22

タロウの墓参りにフィエゾレへ

先週末にフィエゾレまで出かけたメインの理由は16年前に亡くなった愛猫タロウの
お墓詣りです。友人宅の庭にお墓を作って埋葬しています。
暫くイタリアを離れるので淋しがるかもしれないから、挨拶をしたくて....





P4162403_convert_20160422113107.jpg
広大なオリーブ、葡萄畑に囲まれ自然の中にぽっかりと浮かぶ館に友人家族は暮らしてます
ローマのイタリア人の友人達より長い付き合いです
とてつもなく悲しい想いをした時、寄り添って同苦してくるか、離れ去ってっしまうか
いざという時に友人の真価って発揮されます。
季節の変わり目ごことに通っていた家族たちの庭の隅にお墓を造らしてもらいました。







P4162409_convert_20160422113231.jpg
右の白い長椅子の奥の石壁添いにタロウのお墓はあります
16年も過ぎたから何も残っていないかもしれないけど
私にとっては大切な場所です。





P4172436_convert_20160422113606.jpg
広い庭でサッカーなどをして遊んだ子供たちは
成長し社会人として活躍しています。





P4172438_convert_20160422113415.jpg
タロウのお墓には京都南禅寺の法堂裏にある樹齢100年を超える大木の銀杏の樹から
零れ落ちたギンナンを一つ拾って帰り、ローマのテラスで10年間育てたイチョウを
記念樹として植えてきました。
根がタロウの体まで到達しイチョウが魂を吸い上げてくれるかな
何十年、数百年と育ち、私たちより長く生きていけるかな
命の伝承....そんな夢と希望を銀杏に託しました。




Posted at 04:20 | 猫たち | COM(0) |
2016.04.11

イタリアの猫たち

イタリアは観光地に猫が多いです。
①観光地だから、誰か餌を与えてくれるだろうと放置する。
②遺棄された猫たちが自然の摂理で繁殖する。
③ネズミ除けに猫を放す。
などの人間勝手の理由かなって思います。
儚い命を逞しく生きている猫たちです。
イタリアでみかけたネコたち7枚をアップします。



P6161122_convert_20160411235359.jpg
シーサー?より シーサーらしい猫 (天空の町にて)






P3072311_convert_20160411234909.jpg
ボス猫って感じ、強そうで恐いな。







P3072280_convert_20160411235516.jpg
日向ぼっこの後は背伸びも忘れずに(天空の町にて)







P6300100_convert_20160411235649.jpg
暑くて、日蔭でひと休み (アルベロベッロにて)




P3200487_convert_20160412223329.jpg
クロネコ兄妹のかくれんぼ (チエファルにて)





P3200499_convert_20160412225407.jpg
始めて見た、海岸で日光浴をしているネコ (チエファルにて)





P4072394_convert_20160412000029.jpg
久しぶりにいい天気、草の上でお昼寝 (オルヴィエートにて)
どことなく私の愛猫ジローに面影が似てます。
ジローは今、京都で優雅な余生をおくってます。

.
Posted at 16:13 | 猫たち | COM(0) |
2016.02.15

ジローのオリジナル絵皿時計

ジロー(愛猫)の絵皿時計を、アレッツオ(トスカーナ)の陶芸職人に
造ってもらいました。 ファンタスティックで可愛い絵皿時計です。
実はジローは8月~9月頃かなり弱っていて餌も食べず
このまま逝ってしまうのではと、慌てて遺影として特注したものです。
日本の風土がよほど気に入ったのか今はすっかり元気で飛び回ってます。


P2142171_convert_20160214152123.jpg
レモン色のハイビスカスを背景に選んだのは、私がローマに住み始めてから長く
お世話になったイタリア人のご婦人が昨年、亡くなりイタリアの想い出として
ご婦人がとても好きだったレモン色を背景にしました。



リナ&Giro_convert_20160214150031
こちらが絵皿時計の下書きになった写真です。
猫ってチーズと言っても、脇をくすぐっても笑いません。
すこぶる真面目。 絵皿の方が可愛いって?。



P2122156_convert_20160214152454.jpg
こちらが最近のジローです。日本の生活にすっかり順応して福々しくなりました。
2階への階段の上り下りが、適度な運動になりすっかりゴキゲンです。

陶芸家マエストロ弟子入り陶芸体験プラン(アレッツオ)のプランを
ご用意してます。 ローマナビネットまでお問合せください。
Posted at 09:20 | 猫たち | COM(0) |
2016.01.27

ジローは日本がお気に入り

日本に到着してから早,1週間が経ちました。
ジローはすっかり時差や乗り物酔いも治り
日本での暮らしをエンジョイしてます。



P1251934_convert_20160127034822.jpg
日本に着いた時は機内での絶食と極度のストレスでゲッソリしていましたが
今は御覧の様にローマに居た頃よりフックラとしてます。


P1251940_convert_20160127035334.jpg
1階のダイニングと2階の寝室へ階段を昇り降りして足腰の筋肉を
鍛えてます。



P1241911_convert_20160127035404.jpg
ダイニングではソファに寛ぎカウチキャットをしてます。





P1241905_convert_20160127035113.jpg
食事時間にはハラヘッタ~コールで
パクパクとよく食べます。



ji.jpg
眠くなったら一足お先にと寝室へ
畳&布団はいいわ~と大満足
ローマには帰りとうないと、日本に長居しそうです。

Posted at 04:10 | 猫たち | COM(0) |
2016.01.22

ジローは無事に、元気に日本に到着!

ジローさん、少し疲れ気味だけど無事に日本に着きました。
多くの方々にご心配をおかけし、ご声援と祈り
大変ありがとうございました。


P1191882_convert_20160122095717.jpg
ジローの搭乗券はワインレッド色
背負子タイプのケージでオンブして旅たちへ


チェックインカウンターで猫のパスポートを出したら、ペット用があるなんてビックりって
16歳なんだ~って二度ビックリの受付女子。 空いている日を選んだつもりだったけど、かなり満員
足の下で我慢してもうらことに。

機内では泣くことは無く、じっと我慢してくれました。
お漏らしをしたらどうしょうとか、私は心配で、映画を観たり、オペラを聴いたり、お酒を楽しむこともできず
1分でも早く成田に着かないかなとそれだけを念じてました。

アリタリア航空の食事のグレードの劣化には驚きました。ローコストエアーと変わらない。
アリタリア航空にしては珍しく、定刻通り発、10分前に到着しました。
ジローには地鶏の水煮のお弁当を用意したのですが、
食べず、飲まず、出さず 辛抱してくれました。
飛行機が降下して着陸寸前にはよほど怖かったのか泣いてました。
成田検疫では係員が私を待っていて下さり、事前に全書類を送り内諾をもらっていたので
1時間かかるところが15分ほどで検査は終わり
最大の難関は拍子抜けするほどパス、よかったです。


P1221896_convert_20160122094504.jpg
日本に着いたら時差ボケか、乗り物酔いか、長旅の疲労かキョトンとしてました。

日本の家はまだ慣れません。猫は家に着くからって言うからね。
30分ほど探検して、食べて、飲んで,出して...居場所を確保しつつあります。

P1221891_convert_20160122095446.jpg

2日目からは餌も食べ始め、夜は冷えるから布団にもぐり込んで寝てます
炬燵はケージの恐怖を思い出すのか、アナグラに入ろうとはしません。
とにかく超高齢16歳(人間で80歳)のジローが無事に元気で日本の土地を踏めてよかったです。
多くの方の祈りとご声援のお陰です。 ありがとうございました。
Posted at 02:29 | 猫たち | COM(0) |
2016.01.18

ジローのストライキ

いよいよジローさんは日本へ出発になりました。
ところが何かを察したのでしょうか?
ベットの奥に入って出てきません。

ジローは布団の中に入って私と寝ることは少ないです。
私は寝相が悪く、しきりに寝返りをするからです。
ところが昨夜はローマの最後の夜と察したのか
私の腕を枕にず~~と寝てました。
カイロ変わりでポカポカで気持ちよかったけど
気を使って私は熟睡できませんでした。

P1181880_convert_20160118233310.jpg
日本の雪模様のニュースを見て
ローマよりも寒そうだからイヤヤとダダを捏ねてます。



P1181875_convert_20160118233437.jpg
ワタシをどこへ連れて行くんじゃ、住めば都のローマがいいなぁって
どこでも棲めばミヤコになるから大丈夫!よと説得し日本へGo!
無事、元気で日本到着を祈ってくださいませ。
続きは日本よりアリベデルチ! チャオ、チャオ、バンビ^~ノ!

Posted at 15:47 | 猫たち | COM(0) |
2016.01.16

ジロー物語 日本へ飛び立ちます

この数日間、ジローの渡航準備のため
かなりナーバスな日々を過ごしてました。
ローマ出発前にイタリア出国許可
日本の空港での検疫検査書類の用意
などを完璧に済まさないといけません。
少しの漏れ、間違いあると空港内で半年間
係留され、毎日、餌を与えに通わなければなりません。
他所では餌を食べないほど極度の人見知り
しかもすでに16歳(人間で80歳)の猫が独房みたいに
係留されるのは耐えられません。
私は必死になって5ページの申請書類に間違いがないか
何度も成田空港検疫所に相談し確認しやっとOKになりました。
ローマでは国指定の保健所で全ての書類に裏書き(認証)してもらいます。
この衛生局は町はずれの廃屋みたいな荒んだ建物で
日本では考えられないな~とタメイキ。
しかし小動物に関わる人たちはとても温かく、親切!
誰もが無事に旅立てる様にと応援してくれました。

狂犬病は水際で阻止しなければなりません。
狂犬病は犬だけでなく
兎や猫など動物に罹り人間に感染します。
CSI化学捜査班シリーズ9-22検視官の掟」に
狂犬病を扱った事件の話で恐ろしさが分かります
猫を海外から日本に輸出する場合予防注射を2回して
抗体確認ができないと入国できません。
老猫にとって予防注射や血液採取は負担で弱ります。
この証明のための書類手続きがかなりたいへん。

P1151818_convert_20160116085251.jpg
ジローは自分のパスポートなるものを見て、喜んでる?
旅行用のパスポートを取得しました。
16歳と言うとみんな驚きます。イタリアでそんなに長生きする犬、猫は少ないです
仮に16歳まで生きてもヨロヨロです。
ジローはまだまだ元気!



P1131792_convert_20160116134700.jpg
ジローのホームドクターのヨーカン先生(ドイツ人)です。
最終の健康診断と埋め込みしたマイクロチップが読み込めるか再確認
マイクロチップが読み込めないと、強制送還になってしまいます。
健康&マイクロチップも認識できて、問題なし。

心配していた「甲状腺機能亢進症」という病気は
プリスクリプション・ダイエット 療法食 y/d を凡そ
30日間与えていましたら、かなり効果があり
大声を出したり、攻撃的になることは無くなりました。
日本で血液検査、精密検査はしてもらいます。
水を多く飲むので腎臓系も心配ですしね。




P1131803_convert_20160116085122.jpg
生後25日目から16年間、片時も離れず、飼い主にビッタし
先代のタロウの時は知人に預け、10日間単位で旅行していたけど
ジローが来てからは、1泊以上の遠出は避けてました。
16年間、日本帰省以外の海外旅行ってしたことありません。
旅行できなかった後悔は無く、一緒に居ることができて幸せでした。
Posted at 01:16 | 猫たち | COM(0) |
2016.01.03

ローマのジロー物語

ジロー(愛猫)がオレにも新年の挨拶をさせろと
膝の上から手を出してきました。
タイトルを「傘寿猫奮闘記」にするかなと書き始めたら
「見た目は3歳猫やでぇ、恥ずかしいことせんといて」と
手を引っ掻くので「ジロー物語」に改題しました。

PC191327_convert_20160103180328.jpg

最近、ワオーっとボーイソプラノの雄叫びが激しくなりました
「老猫の声がウルサイ」でググッてみたら
「甲状腺機能亢進症」と難しい病気らしい
1.老猫なのに元気すぎ
2.発情期のようになる
3.唸ったり走り回る
4.食欲が増す
5.食べているのに痩せる
なんとこの5つの症状がピッタシ当てはまるのです。
ネコの老年期障害で家猫は避けられない病気みたいです。
同じ様な症状でも人間だったらフツウのことでも
愛猫だと心から心配してしまいます。
しかし治療は難しそう.....
同じ病気で悩む飼い主相談サイトのコメントをみると
食事療法で緩和できるとのこと.....
2週間ほど経ちますが少しは緩和はしているみたいです。
甲状腺機能亢進症の原因は環境ホルモンです
トイレ用砂、新建材の家具類などや人間が発する毒です。
特にイタリアでは室内は土足ですから、床を這いずる猫は
もろに毒を吸っているかもしれません。
猫の気持ちになって環境整備しなくてはね。
小動物と16年も長い期間暮らしたことはないので
戸惑いが多く一喜一憂してます。



P1031688_convert_20160103174720.jpg

甘いものは猫は絶対厳禁ですが、ジローはあま~いケーキの欠片が大好き
写真はクリスマスから年始にかけてイタリアで食べるパンドーロ
カステラみたいなケーキ。この欠片が大好きで
私が食べているとどこまでも追いかけてミャ~イ、と泣きわめきます




P1031692_convert_20160103174837.jpg

番茶やコーヒーも好きで、私がホッと一息ついていると
必ず、「俺もイップク」と寄ってきます。



PC251539_convert_20160103180109.jpg


ジローとの対話
最近、ヒマなので、ジローと対話しています。
猫がヒト語をどれくらい理解するか不明ですが
ヒトもニャン語を理解する努力をしないと
対話は成立しません。
例えばジローはジローと1回呼ぶとミャーイと返事します
3回続けて呼ぶとウルサイと嚙みつきます。
例えば高倉健とか吉永小百合とかタモリと呼んでも
まったく反応しません。ヒト語を理解している証拠。
お腹が空くと、猛烈にワーンと啼いて要求します
ゴハ~ンのゴを略しているんですね
寝る時も猛烈にミァーイと啼きます。
猫が常用する冠詞Miを省くとアーイになり愛を表現し
寝ましょうょと間接的に訴えています。
まだ仕事があるからダメだというと足首をガブっと嚙み付きます
嚙むことでしかノーっの表現ができないから大目にみてますが
血がほとばしるほど痛いです。人間ならしばくでぇ。
必ずくっついて寝るのは小さい頃からです。


P1011674_convert_20160103175637.jpg

コーヒー飲みながら対話をしてましたら
「ワシも年だから冥土の土産にアンさんの故郷を見たい」と
呟くので、「飛行機シンドイし遠いでぇ」と耳に吹きかけたけど
そんでも「お前さんの田舎で老後を過ごしたいと」しゃべりたげな
表情をしているので、思い切って日本行のチケット買いました
アリタリア航空の機内に猫は1匹しか搭乗許可は下りません。
成田まで片道で200ユーロ/機内食はでません。
どんな顛末になるのか、後日、ご報告します。



Posted at 10:34 | 猫たち | COM(0) |
2015.10.20

ローマの傘寿猫フントウ記

私は小さい頃から沢山の小動物を飼っていました。
スズメ、ヒヨコ、十姉妹、文鳥、インコ、鶉、鳩 
メダカ、金魚、鯉、緑亀,グッピー、エンジェルフィッシュ
ウサギ、猫、犬。
しかし16年の長い間,寝食を共にした動物は初めて。
16年も暮らしているとペットというより相棒ですね。
猫の16年は人間の80歳(傘寿)です。
病気という名がついた病気はしたことはなく
食べ過ぎの便秘、食べ過ぎの消化不良で
獣医に通ったことくらい。
しかし、最近、加齢と共に食事内容に注文を付ける様になりました。
ドライフード専門でしたが、ツナ、海老、チキンなどのパテが欲しいと
イタリアの猫専のパテは、マンゴー入り、チーズ、オリーブ入りなど
イタリア味もありますが、純度の高い天然ものが好きみたい。



PA154502_convert_20151019110624.jpg
マズイゴハンは食わないで

10月上旬、パタッとゴハンを拒否して、なにも食べなくなりました。
ハンストをしているのか? 断食かしら? 分けわからないじゃん
5日間ほど様子を見てました。寝てばかりでハンストを止めません。
お腹も凹んでできたのでダイエットも、ここらが潮時と
獣医に連れていきました。
食べ過ぎで消化不良、胃炎ではとの診断
ドライフードを食べていたのですが、老化で噛み潰せなくて
呑みこんで、胃に過剰に負担を与えていた様です。
人間の足の親指くらい太い注射を2本も刺しました。
お父さんがトスカーナ平原を疾駆する野生男児の血を受け継いだのか
ぶっとい注射をさされてもキャンとかミャンとか弱音をあげません
フーッと獣医にガン付け威嚇してました。



PA154537_convert_20151019110934.jpg
甘えたい年頃
1日、外に出てますと、ワシを置き去りにしてどこへ行ってた
腹減った、 と言いそうな顔をしながら
膝の上に陣取り、どこも行かさんとブロックします。
ブログ更新ができない理由は腕をブロックされているからです。
なんもすんじゃない、ワシだけかまえって、独占力1番。



PA154534_convert_20151019110446.jpg
対話は拒絶
話し合いが嫌いな猫で、「きょうはどんな日だったかな」「元気?」とか
声をかけると 「ワシにヒトコトバが分かるわけないやろ」と怒られます
ジローって優しく声をかけても、ウルサイってかなり強く嚙まれます。
羽交い絞めにしてジローって声をかけたら、鼻の頭をガブって嚙まれました。
私の愛情を頑なに拒否します。



PA154527_convert_20151019110757.jpg
怒っているんですワ
猫は犬ほど表現をせず、喜怒哀楽を隠すシャイな動物ですが
よーく観察していると、それなりの感情を表現します。
80歳(人間の年齢で)とは思えないほど、若々しく
元気な猫です。 イタリア人オトコの風貌です。
末永く暖かく見守ってやってください。


Posted at 01:30 | 猫たち | COM(0) |
2015.08.16

ブサカワ犬とゲキカワ猫

ローマは週末の雷雨が去ってから涼しくなりました
夜は窓を閉めないと少し寒いくらい。
こんなアンニュイな気持ちを吹き飛ばす
愉快な犬猫をご紹介

P8133692_convert_20150816224532.jpg
年齢2歳のうら若き乙女 名前:オードリー 、有名な女優の名前だそうです
ヒトはブサカワと呼びます。 褒められているのか、侮辱されているのか....
写真を撮られるのは大っ嫌い、カメラを向けると逃げて廻ります。



P8163722_convert_20150817011548.jpg
ジロー(愛猫)に同じポーズをさせてみました。
カワイイってお得、 どんなポーズもゲキカワ。
年齢:16歳(人間で80歳超)
父親はトスカーナの大地を駆け巡る野生ネコ
母親はトスカーナの田舎でネズミ獲りが仕事
「氏より育ち」....動物界でも同じです。


P8153705_convert_20150816223811.jpg
ジローの寝姿。 猫って寝ている姿がカワイイ。


余談ですが、生後30日くらいの子猫を拾ったことがあります
すでにジローがのさばっていたので長くは飼うことができず
イタリア人外交官、奥さん日本人の家庭に引き取られました。
人間大嫌いのご主人は自分の子供より溺愛し
プリンチペッサ・ハナコと命名しました。
人間大嫌いのご主人は当然ながらイタリア人も嫌いで
オーストラリアに引っ越しました。
もちろんプリンチペッサ・華子も。
5匹いた捨て猫の中で4匹は車の中に隠れとることができず
私の足元に居た1引きだけ、拾ってきたのですが。
今では元外交官の家庭でオーストラリアの別荘で暮らしてます。
万事塞翁がネコ

Posted at 14:49 | 猫たち | COM(0) |