2017.12.30

アマルフィ海岸に写真税って?

アマルフィ海岸に写真税が徴収という記事が載ってました
詳細はこちらでは
ポジターノの町を商業目的で写真やビデオを撮るときは
1000ユーロ(≒134000円)の税金を事前に納めなければなりません。
ファッション雑誌などの商業誌が対照で、観光ガイドブックや観光客が
撮るのには無税ですので、ほとんど影響はありませんが、
「インスタ映え」が流行している昨今、どんどん写真を撮ってもらい
拡散してもらった方が宣伝になるのに。
ブタペストの史蹟では入場料とは別に写真撮影代金をとられました。
イタリアの美術館は写真撮影厳禁が大半でしたが、
フラッシュ、ストロボを使わなければOKで写真撮影代はかかりません。


1_201712301049373a6.jpg
広範囲なアマルフィ海岸線でどこで写真税未払いを摘発するのかしら?




2_20171230104938337.jpg
こちらはポジターノのホテル内のテラスから撮りました
外よりもホテル内のテラスからの方がベストショットが撮れます。

ローマナビネットのアマルフィ+ポジターノ&ポンペイ遺跡
日帰りドライブプラン、ローマ発、ナポリ発お勧めです

2017.12.28

映画の舞台の邸宅に泊まりたい

イタリア映画の舞台になったヴィラ(邸宅)に泊ってみたいって
憧れています。 調べてみるとホテルより安かったりして
実際に宿泊できる邸宅がありました。

images_20171228100125bbe.jpg
GYAOで無料配信中の映画「鑑定士と顔のない依頼人」
ニューシネマパラダイスの監督ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽 ‎エンニオ・モリコーネ
ミステリアスなストーリーですが、後味はイタリアらしく
アメリカ映画の様に勧善懲悪ではないので爽快感は残りません。
しかし映画の舞台や数々の名画は美しいので
年末年始にお時間がありましたらご覧下さい
映画サイトはこちらです。


agr1.jpg
この映画の中心になる舞台の邸宅がこちら
北イタリアのスロベニアの国境付近にあります。
このヴィラは今はアグリツーリズモになりました。
冬はかなり寒そうですので夏から秋がお勧め


agr2.jpg
映画のシーンを思い出すサロン
映画ではところ狭しと彫刻、絵画、アンティック家具などで
飾られていました。



agr3.jpg
ツインルーム(二人で)朝食つきで9000円ほどです。
ホテルより快適でお得!
イタリア旅行の思い出にいかがでしょう?

ローマナビネットにイタリアの観光、アグリツーリズモの手配も
お任せください。

2017.12.23

残念なローマのクリスマスツリー

ローマの中心ベネチア広場に毎年設置される
巨大ツリーはイタリアの冬の風物詩として評判になります
今年は、すでに枯れてしまったと酷評です
トレンティーノ=アルト・アディジェ州から
4万8000ユーロもの送料をかけて輸送したのに
枯れ木は「幽霊みたい」「みすぼらしい」はては
「トイレのブラシみたい」「貧相」
「ローマの衰退の象徴」だと散々の酷評です。

20171220-00000021-jij_afp-000-view.jpg

立派だと思うけど、これが枯れて茶色になったら
せっかくのクリスマスが残念かも
税金の無駄使いだと市民は激怒するでしょうね。


reti2_201610211331051ac (1)
無理して生木を運ぶ必要はないでしょう。
南イタリア・レッチェの中央広場で数年前に撮ったツリーです
ツリーのデザインと光、色がどんどんと変わりとても美しかったです。

日本では空間デザイナーが凌ぎを削りより美しい、豪華な
クリスマスイルミを演出し世界のどこより見事です。だけど,,,
私はイタリアの素朴なクリスマスデコレーションの方が好きだな。


Posted at 10:54 | 最新情報 | COM(0) |
2017.12.21

サンピエトロのクリスマス

サンピエトロ大聖堂(バチカン市国)広場は
クリスマスシーズンは楽しいです。


v1_2017122109165850c.jpg
プレゼピオ(キリスト降誕の情景)
クリスマスツリーの由来はドイツですが
本来、クリスマスにはプレゼピオを各家でも
飾り祝うのがイタリア式です。
バチカンは毎年プレゼピオの飾りが変わり楽しいです。
今年はポーランドから一式を運んだそうです。
1700年代のナポリの伝統を再現しました。



b2_20171221091659865.jpg

サンピエトロ大聖堂前広場
淋しい冬景色もクリスマスツリーが灯るだけで
ファンタジーな世界に包まれます。

イタリア各地のご案内....ローナビネットにお任せください。
2017.12.19

ローマに大型デパートオープン!グッチもプラダも、ブルガリも!

トレビの泉の近くのトリトーネ通りにローマ初!大型デパートオープン!
イタリアを代表するほとんどのブランドが入っています。
デパートの広報に合計何店出店しているのって電話したら
分からないからサイトを見てねっと頼りない返答でした。
数え切れないほどのブティックが詰まっています。



20171216_163653.jpg
各フロワーがエレベーターから透けて見えるので
混雑具合が分かって便利


181533965_9670.jpg
店内はこの様な感じです。
新しいもの好き、珍しいもの好き、ウインドウショッピング大好きの
イタリア人で大混雑してきそう! スリと迷子にご注意を!




20171216_173041.jpg
グッチ、ブルガリ、プラダ、ミュウミュウ、フェラガモ、ボテガベネタ、トッズなど
イタリアを代表する人気ブランドが集まっています。




1 - Up - Sunset Bar
フードコートも充実しています。
レストラン、バール、ピザなどご予算に応じて楽しめます。


1 - Cioccolateria
チョコレートコーナー、イタリア各地やヨーロッパのチョコレートが勢揃い。

デパート名:Rinascente Roma Tritone
住所:Via del Tritone, 61,
オープン時間:09:30~23:00
*12月24日と31日は20:00まで
12月25,26日はお休み

イタリア各地の観光、ショッピングサポート、オプションは
ローマナビネットにお任せください。

Posted at 06:03 | 最新情報 | COM(0) |
2017.12.13

ローマのクリスマスツリー・ライトアップ

ローマのクリスマスイルミネーションはドイツと比べると
とてもジミだけど、これがカトリックの本場のライトアップ
静かで威厳がある....と思います。



ベネチア広場
ベネチア広場/ ライトの当て方が毎年違う、ナチュラルで好きだな。



スペイン階段
スペイン階段 / 長年修復中だったら久しぶりのツリー



バチカン
バチカン・サンピエトロ寺院前  厳かで一番好きな夜景ポイントです。


ローマナビネットは夜景散策やドライブでローマをご案内します。
2017.12.10

第一日曜日はローマの美術館、史跡は無料!

ローマは第一日曜日は国立美術館、史跡は無料開放になります
美術館、特にコロッセオの入場が過去最高で
利益を還元しようという嬉しいサービスです。
イタリアの美術館、史跡の入場料はとても高いから
運よく第一日曜にローマ滞在できたら、美術館、史跡めぐりは
いかがですか。(大混雑を覚悟で)



apollo_daphne_september_2015-1a.jpg

ボルゲーゼ美術館は入場料は無料でも、予約(有料)は必要になります
バルベリーニ国立古典絵画館もお勧め!


coro.jpg

コロッセオなど遺跡も無料です。


osutia.jpg

郊外のオスティアアンティカ遺跡群も無料で見学できます。


tivoli_2017121009200017d.jpg
世界遺産 エステ家のヴィッラ・チヴォリも無料!
一日でどれだけ廻れるでしょうか?。

ローマナビネットはイタリアの美しい町をご案内します。
2017.12.05

バルベリーニ宮殿(国立古典絵画館)でピカソの最大の作品を観る

バルベリーニ宮殿(国立古典絵画館)でパリで21年ぶりに公開された
ピカソの大作がローマで展示中です。

ダウンロード (1)
映画「ローマの休日」でロケ地として有名なバルベリーニ宮殿は
カラバッジョ、ラファエロの作品などが有名ですが、
イタリアや各地やヨーロッパの美術館などの展示会もおすすめです。


IMG_0420.jpg

現代美術の巨匠、ピカソが、バレエの舞台美術として劇場の幕に鮮やかに
描いた幅16メートルを超える巨大な作品
この作品は、1917年にパリで上演されたバレエ「パラード」の舞台美術を
担当したピカソが、劇場の幕に描きました。
作品は高さ10メートル、幅16メートルを超る最大の作品。
(NHKニュースの解説より抜粋)

展示会は1月21日まで。

ローマのご案内は、ローマナビネットにお任せ!


Posted at 05:28 | 最新情報 | COM(0) |
2017.12.04

天空の町・チヴィタ・ディ・バーニョレージョ 冬は濃霧に注意!

ガイドブックに紹介されていないけど、イタリア旅行の人気スポット
天空の町チヴィタ・ディ・バーニョレージョを組み入れるツァーは
増えてきましたが、冬期は濃霧が発生しやすくなります。
霧,靄で真っ白になり写真を撮ることができないことも珍しくありません。


P2030883_convert_20150204091907_2017120408383838a.jpg
霧が出ても町の形が見えるのはマシな方です。
完全に真っ白になり雲の中を歩いている感じです。




P9190456_convert_20140921111120_20171204083839c3d.jpg
周囲の景色がこの様に薄っすらと見えれば素敵です。


PC050097_convert_20141206101601_20171204083841ec7.jpg
文字通り、「天空の町」に村が浮かび上がる瞬間に巡りあえるチャンスも!


ローマ発:半日プラン天空の町-人気コースです。
毎日2名様より催行ローマナビネットへご相談ください
2017.12.03

もうすぐクリスマス

ローマの本格的なクリスマスデコレーションは来週後半くらいからですが
今年も終わりだなってクリスマス飾り見ると実感します。
クリスマスイルミネーションはイタリアの景気に比例して
年々、ジミになりつつありますが今年はどうでしょう?
楽しみです。



IMG_0392.jpg


Posted at 04:50 | 季節の話題 | COM(0) |